アバスト セキュアライン VPN 経由で接続時のメール送信のトラブルシューティング

アバスト セキュアライン VPNに接続中、Microsoft OutlookMozilla ThunderbirdApple Mail(Mac)などのメール クライアントからメールを送信しようとしているときに問題が発生する場合があります。

インターネット ブラウザー経由でウェブ ベースのメール アカウントにアクセスする場合、アバスト セキュアライン VPN はメールの動作には影響を与えません。

手順

メール クライアントの送信 SMTP サーバー設定をポート 465 または 587および SSL/TLS 暗号化を使用するように構成することで、通常はこの問題を解決できます。

Microsoft Outlook の SMTP 設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] をクリックしてメニューから [情報] を選択します。
  2. [アカウント設定] タイルをクリックし、[メール アカウント] を開きます。
  3. リストからお使いのアカウントを選択し、[変更…] をクリックして、アカウント設定を開きます。
  4. [送信メール サーバー(SMTP)] に正しいホスト名または IP アドレスが入力されていることを確認します。これはメール サービス プロバイダーから要求されます。
    注意:特にプロバイダーが複数の SMTP サーバーを使用している場合、SMTP サーバーの特定の IP アドレスを使用することをおすすめします。続きを読む...
  5. [その他の設定…] をクリックして [インターネット メール設定] を開きます。
  6. [送信サーバー] タブを選択します。
  7. [送信サーバー(SMTP)は認証が必要です] が有効になっていることを確認し、メール サービス プロバイダーから要求される場合は、認証方法を特定します。
  8. [詳細] タブを選択します。
  9. お使いのメール サービス プロバイダーの要件に応じて、[送信サーバー(SMTP)] のポート番号を 465 または 587 に変更します。
  10. お使いのメール サービス プロバイダーがサポートする場合、[SSL(または TLS)] を選択して暗号化接続を有効にします。
  11. [OK] をクリックしてから、[次へ] と [終了] をクリックして変更を確定します。
  12. これらの手順を使用する各メール アカウントに対して手順 3 から繰り返します。

Mozilla Thunderbird の SMTP 設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. 左側のパネルからアカウント名を選択します([受信箱] の親フォルダーとして表示されます)。
  2. メイン画面の [アカウント] で、[このアカウントの設定を表示] をクリックして [アカウント設定] を開きます。
  3. 左側の [ローカル フォルダー] で [送信サーバー(SMTP)] を選択します。
  4. リストからお使いのアカウントを選択し、[編集…] をクリックして、[SMTP サーバー] 設定を開きます。
  5. [サーバー名] に正しいホスト名または IP アドレスが入力されていることを確認します。これはメール サービス プロバイダーから要求されます。
    注意:特にプロバイダーが複数の SMTP サーバーを使用している場合、SMTP サーバーの特定の IP アドレスを使用することをおすすめします。続きを読む...
  6. お使いのメール サービス プロバイダーの要件に応じて、[ポート] 番号を 465 または 587 に変更します。
  7. お使いのメール サービス プロバイダーがサポートしている場合、[接続のセキュリティ] に [SSL/TLS] 暗号化を選択します。
  8. お使いのメール サービス プロバイダーが要求する場合、[認証方法] を指定します。
  9. [OK] をクリックして変更を確定します。
  10. これらの手順を使用する各 SMTP サーバーに対して手順 4 から繰り返します。
  11. [OK] をクリックして変更を確定します。

Mac の Mail アプリの SMTP 設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] をクリックしてメニューから [プリファレンス…] を選択します。
  2. ツールバーから [アカウント] を選択します。
  3. 左側でお使いのアカウントを選択してから [サーバー設定] タブをクリックします。
  4. [送信メール サーバー(SMTP)] の [アカウント] の横にあるエリアをクリックしてドロップダウン メニューから [SMTP サーバー リストを編集…] を選択します。
  5. リストからお使いの SMTP サーバーを選択します。
  6. リストの下にある [サーバー設定] タブを選択します。
  7. [ホスト名] に正しいホスト名または IP アドレスが入力されていることを確認します。これはメール サービス プロバイダーの指定通りに設定します。
    注意:特にプロバイダーが複数の SMTP サーバーを使用している場合、SMTP サーバーの特定の IP アドレスを使用することをおすすめします。続きを読む...
  8. [自動的に接続設定を管理する] のオプションのチェック マークを外します。
  9. お使いのメール サービス プロバイダーの要件に応じて、[ポート] 番号を 465 または 587 に変更します。
  10. お使いのメール サービス プロバイダーがサポートする場合、[TLS/SSL を使用する] オプションにチェック マークを入れて暗号化接続を有効にします。
  11. お使いのメール サービス プロバイダーが要求する場合、[認証方法] を指定します。
  12. [OK] をクリックして変更を確定します。
  13. これらの手順を使用する各 SMTP サーバーに対して手順 5 から繰り返します。

その他の推奨事項

Gmail または Windows Live を使用している場合は、お使いのメール クライアントがホスト名(smtp.gmail.com または smtp.live.com)ではなく、SMTP サーバーの特定の IP アドレスを使用するよう設定することをおすすめします(これらのメール サービスは複数の SMTP サーバーを使用することで知られています)。

Gmail に属すると知られている SMTP サーバーの IP アドレスのリストの一部です。

74.125.136.108
74.125.133.108
74.125.142.108
74.125.143.108
173.194.66.16
173.194.66.108
173.194.66.109
173.194.67.108
173.194.67.109
173.194.70.108
173.194.70.16

Windows Live に属すると知られている SMTP サーバーの IP アドレスのリストの一部です。

65.55.172.254
65.55.96.11
65.55.162.200

アバストはこれらのサーバーを制御できないため、IP アドレスの完全なリストはありません。

トラブルが続く場合は、メール サービス プロバイダーがアクセスを制限している可能性を考慮してください。考えられる制限には以下があります。
  • データセンターの IP アドレスへのアクセスがブロックされている
  • アクセスが住宅向け IP アドレスに限定されている
  • アクセスが同国内の IP アドレスに限定されている
  • アクセスが特定のインターネット サービス プロバイダーに限定されている
  • Windows 用アバスト セキュアライン VPN 1.x
  • Mac 用アバスト セキュアライン VPN 2.x
     
  • アバスト アルティメット 19.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
     
  • Apple macOS 10.14.x(Mojave)
  • Apple macOS 10.13.x(High Sierra)
  • Apple macOS 10.12.x(Sierra)
  • Apple Mac OS X 10.11.x(El Capitan)
  • Apple Mac OS X 10.10.x(Yosemite)
     

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ