ソフトウェア アップデータ - はじめに

Avast Antivirusソフトウェア更新状況 は潜在的なセキュリティ リスクを一掃するために一般的に使用されるサードパーティ ソフトウェアを最新の状態に保つのに役立ちます。悪意のある脅威や攻撃者は古くなったソフトウェアで頻繁にリークを使用して PC にアクセスします。この機能では、PC にインストールされている最も一般的なプログラムが表示されて簡単にそれを更新できます。

アバスト プレミアのソフトウェア アップデーターではアプリケーションの自動更新を設定できます。

ソフトウェア アップデータの使用方法の説明については、本記事の以下のセクションを参照してください。

ソフトウェアの手動更新

ソフトウェアを手動でアップデートするには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ソフトウェア更新状況] の順に選択します。
  2. 古くなったソフトウェア リストからアップデートするアプリケーションを選択し、リストの上にある [選択対象を更新] ボタンをクリックします。

アバストでアップデートを直接ダウンロードしてインストールできない場合は、アップデートをダウンロードするためにメーカーのウェブサイトまたは別の適切なサイトにリダイレクトされます。

自動アップデートを有効にする (アバスト プレミアのみ)

ソフトウェア更新状況自動更新 を有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ソフトウェア更新状況] の順に選択します。
  2. 自動更新の横にある [オフ] スライダをクリックして [オン] に変更します。

この処理により、アバストでアップデート プログラムを自動的にダウンロードしてインストールできるようになります。

この機能はアバスト プレミアでのみ利用できます。その他のすべてのバージョンでは、最初にアバスト プレミアにアップグレードするよう求められます。

個々のアプリケーションの管理

アップデートが必要なアプリケーションの詳細確認、アップデートの無視、または個別のアプリケーションのアップデートを行うには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ソフトウェア更新状況] の順に選択します。
  2. 下向きの矢印をクリックしてアプリケーションのパネルを展開し、必要に応じて以下の処理を実行します。
    • 可能であれば、アプリケーションのメーカーの詳細、現在のバージョン、最新バージョンを確認します。
    • [この更新を無視] をクリックして、該当するアプリケーションを更新から除外します。
    • [更新する] をクリックしてアプリケーションをアップデートします。

古くなったソフトウェアはハッカーの攻撃に対してきわめて脆弱であるため、[この更新を無視] 設定を有効にしないことを強くお勧めします。

ソフトウェア アップデータ設定を管理する

[ソフトウェア更新状況] 設定画面では、ソフトウェア アップデータの有効/無効を切り替えたり、お使いのアバスト アンチウイルスのバージョンによってカスタマイズ可能な設定のリストを表示したりできるほか、ソフトウェア アップデータ データベースをリセットするオプションを選択することもできます。

設定を表示して変更するには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[設定] を選択します。
  2. [コンポーネント] を選択し、[ソフトウェア更新状況] の横にある [カスタマイズ] をクリックします。
  3. [ソフトウェア更新状況を有効にする] の横にあるチェック ボックスをオンにしてサードパーティのアプリケーションを最新の状態に保ちます。このオプションを有効にするとさらなる設定を管理できます。
  4. 以下のオプションがカスタマイズ可能です。
    • [ソフトウェアのアップデートをシステム管理者にのみ許可する]: チェックボックスをオンにすると、システム全体にかかわる製品のアップデートをソフトウェア アップデータで行う権限が管理者以外には与えられなくなります。システム全体にかかわる製品とは、同じ PC を使用するすべてのユーザー (またはアカウント) が利用できるサードパーティのアプリケーションのことです。ほとんどの場合、この製品をインストール、削除、変更するには管理者権限が必要です。このオプションのチェックを外すと、管理者以外のユーザー (PC にログインしたセカンダリ アカウント) もソフトウェア アップデータを使用してこれらのアプリケーションをアップデートできます。このオプションはデフォルトでは無効になっています。
    • [可能な場合は、自動的にアップデートをダウンロードする] (アバスト アンチウイルスの有料版のみ): チェックボックスをオンにすると、時間節約のためにソフトウェア アップデーターでサード パーティ ソフトウェア向けの利用可能なアップデートが自動的にダウンロードされます。自動ダウンロードはシステムがアイドル状態のときに行われるため、オンライン アクティビティへの影響は最小限に抑えられます。このオプションはデフォルトでは有効になっています。
    • [自動的にアップデートを適用する] (アバスト プレミアのみ): チェックボックスをオンにすると、ソフトウェア アップデーターで、サード パーティ ソフトウェア用のダウンロードされたアップデートが自動的にインストールされます。自動インストールはバックグラウンドで実行されるため、ユーザーによる操作は必要ありません。このオプションはまず、上記の [可能な場合は、自動的にアップデートをダウンロードする] オプションを有効にする必要があります。また、[プロテクション] ▸ [ソフトウェア更新状況] 画面の順に進み、[自動更新] をクリックすると、同じ操作を行うことができます。このオプションはデフォルトでは無効になっています。
    • [通知ポップアップが有効]: ソフトウェアの更新が利用可能になったとき、または更新が完了したときに通知を受けたい場合は、チェックボックスをオンにします。このオプションはデフォルトでは有効になっています。
  5. 変更した後、[OK] をクリックします。

アップデートの問題を修正する

ソフトウェア更新状況 がアップデートを認識しない場合、またはその他のソフトウェア アップデータの問題が発生した場合は、以下のトラブルシューティングの手順に従ってください。

  1. ソフトウェア アップデータのメイン画面の右上隅にある [更新] をクリックし、表示されたアプリケーションのステータスに関する情報を更新します。
  2. [設定] ▸ [コンポーネント] の順に進み、[ソフトウェア更新状況] の横にある [カスタマイズ] をクリックします。
  3. 下向きの矢印をクリックして [データベースのリセット(トラブルシューティング)] パネルを展開し、[今すぐデータベースをリセット] ボタンをクリックします。
[ソフトウェア更新状況] は [設定] ▸ [コンポーネント] から無効にできます。ソフトウェア アップデータの横にある [オン] スライダーをクリックして [オフ] に変更します。
  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ