アバスト メール署名設定の管理

メール クライアント(Outlook または Mozilla Thunderbird など)を使用している場合、アバストは、送信メールの下部にクリーン メッセージ〈旧名メール署名〉を含め、受信者にそのメールがマルウェアのスキャン済みであることを知らせることができます。この設定はデフォルトで有効になっています。

送信メールのアバスト署名を無効にする

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー]、[設定] の順にクリックします。
  2. 左側のメニューから [プロテクション] を選択し、[メイン シールド] をクリックします。
  3. [シールドを設定] までスクロールして [メール シールド] のタブをクリックします。
  4. [送信するメールの末尾に署名を追加] の横にあるボックスのチェック マークを外します。

これにより、送信メールにはアバストからの署名は含まれなくなります。この設定は、いつでもまた有効にできます。

送受信メールに対するすべてのメール シールド設定をカスタマイズする

メール シールド は、送受信されるメール メッセージに脅威がないかスキャンします。スキャンは、Microsoft OutlookMozilla Thunderbird などのメール管理ソフトウェアを使用して送受信されるメッセージにのみ適用されます。

メール シールド設定を変更するには、アバスト ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー]、[設定]、[プロテクション]、[メイン シールド] の順に移動し、[シールドを設定] セクションまでスクロールします。[メール シールド] タブを選択します。次の設定を構成します。

  • メール シールドを有効にする:メール シールドのオンとオフを切り替えます。
  • 受信メールをスキャン(POP3、IMAP4):メール シールドが SSL/TLS 暗号化接続を使用するすべての受信メールをスキャンするかを指定します。
  • 送信メールをスキャン(SMTP):メール シールドが SSL/TLS 暗号化接続を使用するすべての送信メールをスキャンするかを指定します。
  • 送信するメールの末尾に署名を追加::宛先への送信メールに、マルウェアのスキャン済みで安全であることを示すメッセージを含めます
  • ウイルスを含むメールの件名に印を付ける:ウイルスを含むメールの件名に、自動的に追加される特定の単語やフレーズを指定します。
  • 添付するときに添付ファイルをスキャンする(MS Outlook のみ):メール シールドが Microsoft Outlook で送信される送信メールの添付ファイルをスキャンできるようにします。
  • ログファイルを作成する:ファイル システム シールドでスキャン結果のレポートを作成するかを指定します。

アバスト シールド設定をさらに構成するには、次の記事を参照してください。

  • アバスト プレミアム セキュリティ 19.x
  • アバスト無料アンチウイルス 19.x
  • アバスト オムニ 1.x
  • アバスト プレミア 19.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 19.x
  • アバスト プロ アンチウイルス 19.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ