アバスト メール署名の管理

メール クライアント(Microsoft Outlook または Mozilla Thunderbird など)を使用している場合、アバスト アンチウイルスは、送信メールの下部にウイルスフリー メッセージ(旧名メール署名)を含め、受信者にそのメールがマルウェアのスキャン済みであることを知らせることができます。この設定はデフォルトで有効になっています。

送信メールのアバスト署名を無効にする

  1. アバスト アンチウイルスを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [プロテクション] ▸ [メイン シールド] の順に選択します。
  3. [シールドを設定] まで下にスクロールして、[メール シールド] タブをクリックします。
  4. [送信するメールの末尾に署名を追加] の横にあるボックスのチェックを外します。

これにより、送信メールにはアバストからの署名は含まれなくなります。この設定は、いつでもまた有効にできます。

その他の推奨事項

シールド設定の管理についての詳細は、次の記事を参照してください。

  • アバスト無料アンチウイルス 20.x
  • アバスト プレミアム セキュリティ 20.x
  • アバスト オムニ 1.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ