アバスト アンチウイルスでの受動モードの使用

[受動モード] では、コア シールドやファイアウォールなどの常駐保護をすべて無効にし、PC のパフォーマンスやアンチウイルス検出の信頼性を損なうことなく、複数のアンチウイルス プログラムを同時に使用可能にします。受動モードでは、アバスト アンチウイルスがすべてのウイルス定義とプログラムのアップデートを受信するため、ユーザーはスキャンを手動で実行して PC の問題をチェックできますが、アバストはユーザーを能動的に保護しません

受動モードはデフォルトでは無効になっています。アバスト アンチウイルスが PC にインストールされている唯一のアンチウイルス ソフトウェアである場合、[受動モード] をアクティブにするのは、特定のトラブルシューティングのために一時的にのみ行ってください。あるいは、マルウェアやその他のセキュリティ脅威から PC を能動的に保護する場合は、[受動モード] が有効になっておらず、以下の条件が満たされていることを確認してください。

受動モードを有効にする

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] を選択します。
  2. 左パネルにある [トラブルシューティング] タブを選択し、[受動モード] パネルをクリックし、セクションを展開します。赤いスライダーをクリックして緑色に切り替えます。
  3. [はい] をクリックし、現在有効になっているアバスト プロテクションをオフにすることを確認します。
  4. [すぐに再起動する] をクリックし、受動モードを開始します。

これで、アバスト アンチウイルスのプロテクションは [受動モード] で動作している状態になりました。この状態でも、ユーザーが手動でスキャンを実行して脅威がないかチェックできますが、アバスト アンチウイルスはユーザーを能動的には保護していません。

受動モードを無効にするには、上記のステップを繰り返します。ただし、ステップ 2 では、緑色のスライダーをクリックして、赤色に切り替えます。

  • アバスト アルティメット 18.x
  • アバスト プレミア 18.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 18.x
  • アバスト プロ アンチウイルス 18.x
  • アバスト無料アンチウイルス 18.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ