アバスト アンチウイルス の 受動モードの使用

受動モードでは、シールドやファイアウォールなどの常駐保護がすべて無効になるため、ユーザーは PC のパフォーマンスやアンチウイルス検出の信頼性を損なうことなく、複数のアンチウイルス プログラムを同時に使用できます。受動モードでは、アバスト アンチウイルスがすべてのウイルス定義とプログラムのアップデートを受信するため、ユーザーはスキャンを手動で実行して PC の問題をチェックできますが、アバストはユーザーを能動的に保護しません

アバストが PC にインストールされている唯一のアンチウイルス ソフトウェアである場合、[受動モード] をアクティブにするのは、特定のトラブルシューティングのために一時的にのみ行ってください。

マルウェアやその他のセキュリティ脅威からご自身をアバストで能動的に保護する場合は、[受動モード] がオンになっておらず、以下の条件が満たされていることを確認してください。

説明書

受動モードをオンにするには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. [問題の修正] タブをクリックし、[受動モード] の横にある下向きの矢印をクリックしてセクションを展開します。
  3. [オンにする] をクリックします。
  4. [コンポーネント停止] ダイアログで [はい] をクリックし、現在有効になっているアバスト プロテクションをオフにすることを確認します。
  5. PC を再起動して 受動モード を起動します。

これで、アバスト アンチウイルスのプロテクションは [受動モード] で動作している状態になりました。この状態でも、ユーザーが手動でスキャンを実行して脅威がないかチェックできますが、アバスト アンチウイルスはユーザーを能動的には保護していません。[受動モード] をオフにするには、もう一度 [設定] ▸ [問題の修正] ▸ [受動モード] の順に進みます。

  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ