macOS 10.13 以降でアバスト セキュリティのアバスト ソフトウェア拡張機能を許可

macOS バージョン 10.13 以降では、サードパーティ製の新しいカーネル拡張機能を読み込む前に、ユーザーの承認が必要です。アバスト セキュリティコア シールドのリアルタイム保護機能にカーネル拡張機能を使用します。お使いのシステムがアバスト セキュリティで完全に保護されるようにするには、アバスト ソフトウェア拡張機能を手動で許可する必要があります。

アバスト ソフトウェア拡張機能を許可する

アバスト セキュリティをインストールした後、[この Mac は受動モードです] というステータス メッセージが表示される場合があります。これは、macOS によってアバスト ソフトウェア拡張機能がブロックされているため、コア シールドが無効になっているためです。アバスト ソフトウェア拡張機能を許可するには、次の手順に従います。

  1. [コア シールド] をクリックし、[設定を開く] を選択します。 あるいは、Dock または Apple メニューから [システム環境設定] を開いて、[セキュリティとプライバシー] を開きます。
  2. [一般] タブが選択されていることを確認します。
  3. [開発元「AVAST Software a.s.」のシステム ソフトウェアの読み込みがブロックされました] の横にある [許可] をクリックします。

コア シールドがオンになり、[セキュリティとプライバシー] ウィンドウを閉じることができます。

[許可] ボタンが動作しない場合、アバスト ソフトウェア拡張機能を許可するための詳細な手順については、次のビデオを参照してください。
  • アバスト セキュリティ 12.9 Mac 版以降
  • アバスト セキュリティ プロ 12.9 Mac 版以降
  • アバスト プレミアム セキュリティ 14.x Mac 版以降
  • Apple macOS 10.14.x(Mojave)
  • Apple macOS 10.13.x(High Sierra)

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ