アバスト アンチウイルスでの PC のウイルス スキャン

アバスト アンチウイルスは PC をマルウェアから保護するためにさまざまなスキャン機能を備えています。独自のスキャンを作成して、パラメーターを指定することもできます。次のウイルス スキャンの詳細については、この記事の各セクションを参照してください。

  • スマート スキャン:マルウェア、古くなったソフトウェア、低評価のブラウザ アドオン、ネットワークの脅威、パフォーマンスの問題を検出する総合的なスキャンです。
  • フル ウイルス スキャン:ストレージ ドライブやメモリにマルウェア(ルートキットを含む)がないかを確認する、定義済みの詳細なシステム スキャン。
  • 部分スキャン:スキャンを開始するときに選択したフォルダーをスキャンします。
  • ブートタイム スキャン:次回のシステム起動時に、マルウェアが起動する前に PC をスキャンします。起動中にブートタイム スキャンを実行することで、マルウェアが PC を攻撃する前にマルウェアを検出および削除する可能性を高めます。
  • カスタム スキャン:スキャンのために指定したパラメーターに従って PC をスキャンします。
  • エクスプローラー スキャン:エクスプローラーを介してデスクトップから特定のファイルやフォルダーを直接スキャンします。

スキャンを実行する

  1. アバスト アンチウイルスを開き、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に移動します。
  2. 希望するスキャンを実行します。
    • スマート スキャン:[スマート スキャンを実行] ボタンをクリックします。
    • フル ウイルス スキャン:[フル ウイルス スキャン] タイルをクリックします。
    • 部分スキャン:[部分スキャン] タイルをクリックし、スキャンするファイルまたはフォルダーを選択して、[OK] をクリックします。
    • ブートタイム スキャン:[ブートタイム スキャン] タイルをクリックし、[PC の次の再起動時に実行] をクリックします。
    • カスタム スキャン:[カスタム スキャン] タイルをクリックし、実行するスキャンのパネルで [今すぐスキャン] をクリックします。
エクスプローラー スキャンを実行するには、デスクトップ上または [エクスプローラー] 内のファイルやフォルダーを右クリックし、表示されたメニューで [選択したアイテムでウイルスをスキャン] を選択します。

カスタム スキャンを作成する

  1. [カスタム スキャン] タイルをクリックします。
  2. [新しいスキャンを作成する] をクリックします。
  3. スキャンのパラメーターと設定を定義します。
    • スキャン名:テキスト ボックスにスキャンの名前を入力します。
    • スキャンの種類:ドロップダウン メニューをクリックして、使用するスキャンの種類を選択します。
    • 頻度:ドロップダウン メニューをクリックし、スキャンを実行する頻度を定義します。

    追加設定

    • 感度(デフォルトで中):スライダーをクリックしてドラッグし、スキャンの感度を調整します。感度を高くすると、保護効果とマルウェア誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は減少しますが、スキャンの精度も減少する可能性があります。
    • PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:このボックスをオンにすると、別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをアバストがスキャンします。
    • スキャンする時にリンクをたどる:このボックスをオンにすると、スキャン中のファイルが使用する他のファイルの潜在的に有害なコンテンツを、アバストがスキャンします。
    • ファイル全体をテストする:このボックスをオンにすると、悪意のあるコードの影響を受けている部分だけではなく、ファイル全体をアバストがスキャンします。
    • スキャンの優先順位:ドロップダウン メニューを使用してスキャンの優先順位を設定します(デフォルトで中優先度)。

    スキャン領域

    • すべてのハードディスク:選択すると、PC 上のすべてのハード ドライブをアバストがスキャンします。
    • システム ドライブ:選択すると、ハードドライブや USB スティックなどの物理デバイスに保存されたデータを含めます。
    • すべてのリムーバブル メディア:オンにすると、USB や他のリムーバブル デバイスが PC に挿入されると自動起動するアプリケーションをアバストがスキャンします。速度の制限により、リムーバブル メディアのスキャンには時間がかかる場合があります。
    • ルートキット:オンにすると、システム内の隠れた脅威をアバストがスキャンします。
    • UEFI BIOS:オンにすると、UEFI BIOS 起動プロセスに潜んでいる脅威をアバストがスキャンします。
    • CD-ROM および DVD ドライブ:オンにすると、CD や DVD ドライブの悪意のあるコンテンツをアバストがスキャンします。
    • メモリに読み込まれたスタートアップ プログラムとモジュール:オンにすると、システム起動後やバックグラウンドで実行されるアプリケーションとプロセスをアバストがスキャンします。

    パッカーとアーカイブ

    • 一般的なインストーラーのみをスキャン:選択すると、.zip や .rar など、一般的に使用されるファイル タイプ、その他の実行可能なアーカイブまたはインストーラー アーカイブのみをスキャンします。
    • すべてのアーカイブをスキャン:選択すると、すべてのアーカイブ ファイルをスキャンします。これによりスキャンにかかる時間が大幅に長くなります。
    • アーカイブをスキャンしないでください:選択すると、すべてのアーカイブ ファイルをスキャンから除外します。

    ファイル タイプ

    • コンテンツに基づいた種類(低速):選択すると、通常最もマルウェア攻撃に脆弱なファイルをスキャンします。
    • 名前の拡張子に基づいた種類(高速):選択すると、.exe、.com、.bat などのリスクの高い拡張子のファイルのみをスキャンします。
    • 全ファイルをスキャン(非常に低速):選択すると、PC 上のすべてのファイルでマルウェアをスキャンします。

    自動アクション

    • このスキャン時に自動アクションを実行:このオプションをオンにして有効にした後、感染したファイルが検出されたときにアバストが実行する自動アクションを定義します。
      • 自動的に修復する:感染したファイルが検出されると、アバストがそのファイルを修復しようとします。修復できない場合、ファイルは検疫に移動されます。移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
      • ファイルを検疫に移動:感染したファイルが検出されると、アバストがファイルを検疫に移動します。
      • ファイルを削除:感染したファイルが検出されると、アバストがそのファイルを自動的に削除します。
    • スキャン終了後にコンピューターをシャットダウン:オンにすると、スキャン完了後にアバストが PC をシャットダウンします。
    • レポート ファイルを生成:オンにすると、スキャン完了後にアバストが自動的にレポート ファイルを作成して保存します。
  4. [保存] をクリックしてカスタムスキャンの設定を完了します。

カスタムスキャンの設定を編集するには、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] ▸ [カスタム スキャン] に移動し、スキャン名の上にカーソルを合わせて [詳細](3 つのドット)▸ [設定] をクリックします。

スキャン結果を処理する

スキャンが完了すると、検出された問題がすべて表示されます。結果画面で直接問題を解決するか、各ウイルス スキャンが問題の検出時に自動的に解決するように設定できます。

検出の種類によっては、解決に別途有料サブスクリプションが必要になる場合があります。

スマート スキャン

スマート スキャンの完了後に検出された問題を解決する方法の詳細については、次の記事を参照してください。

その他のウイルス スキャン

検出した問題に対してスキャンが自動的に対処する方法を定義するには、次の手順を実行します。

  1. アバスト アンチウイルスを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に選択します。
  3. 選択したスキャンのタブをクリックします。
  4. 下にスクロールして、[このスキャン時に自動アクションを実行] の横にあるボックスにチェックを入れます。次に、問題が見つかったときにアバストで実行するアクションを選択します。
    • 自動的に修復する:感染したファイルが検出されると、アバストがそのファイルを修復しようとします。修復できない場合、ファイルは検疫に移動されます。移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
    • ファイルを検疫に移動:感染したファイルが検出されると、アバストがファイルを検疫に移動します。
    • ファイルを削除:感染したファイルが検出されると、アバストがそのファイルを自動的に削除します。

感染したファイルが検出されてもアバストが何も実行しないようにするには、[このスキャン時に自動アクションを実行] の横のボックスのチェック マークを外します(推奨されません)。常に未解決のスキャン検出を管理するには、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] ▸ [スキャン履歴] の順に移動します。

特殊な場合

不完全なスキャンの場合、スキャンを完了できなかった理由を示すエラー メッセージがスキャン画面に表示されます。スキャンを完了できない場合の理由にはさまざまなものがありますが、最も一般的な理由としては以下のものがあります。

  • Archive is password protected:ファイルがパスワードで保護されていることを示します。一部のプログラムでは、パスワードを設定していなくても、パスワードで保護されたアーカイブを使用してデータを保存します。スキャンの設定に応じて、アーカイブ コンテンツがスキャンされていない間は、「ラッパー」ファイルのみがスキャンされます。
  • Archive is corrupted:ファイルが部分的にダウンロードされたりハードディスクに保存されたりしたために破損している可能性があること、または特別な種類のアーカイブであることを示します。
  • 別のプロセスが使用しているため、ファイルにアクセスできません:スキャン中、別のプロセスまたはプログラムがファイルにアクセスしていることを示します。
  • The file is a decompression bomb:ファイルが大きすぎてマルウェア分析のために圧縮解凍できないことを示します。大きなファイルを解凍すると膨大な量のデータが生成され、システムが不安定になるかクラッシュする可能性があります。
アーカイブに保存されているファイルは、解凍されていない限りシステムに害を及ぼすことはできません。

スキャンの設定を調整する

一部のウイルス スキャンではカスタマイズ可能な設定を使用できますが、設定を変更するのはカスタム スキャンに限定することをおすすめします。スキャン設定を行うには:

  1. [プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に移動します。
  2. [ウイルス スキャン] 画面の右上隅にある [設定](歯車アイコン)をクリックします。
  3. 選択したスキャンのタブを選択します。
  4. 該当する設定を構成します。

ウイルス スキャン設定の詳細については、次の記事を参照してください。

レスキュー ディスクを作成して使用する

お使いの PC がマルウェアに感染している疑いがあり、他のすべてのウイルス スキャン(ブートタイム スキャンを含む)で問題を解決できなかった場合は、レスキュー ディスクを使用できます。レスキュー ディスクを使用すると、システムが動作していないときに PC をスキャンできます。この方法では、妨害される前にマルウェアが検出されるため、マルウェアを検出して削除できる可能性が大幅に高まります。

レスキュー ディスクの詳細については、次の記事を参照してください。

スキャン履歴を確認する

前回のスキャンの詳細を表示するには:

  1. [プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に移動します。
  2. [スキャン履歴] をクリックします。
  3. スキャン パネルにカーソルを合わせ、下矢印をクリックしてスキャンの詳細を表示します。
  • アバスト オムニ 21.x
  • アバスト プレミアム セキュリティ 21.x
  • アバスト無料アンチウイルス 21.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1 with Convenient Rollup Update、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ