アバスト アンチウイルスでのブートタイム スキャンの実行

お使いの PC にマルウェアが含まれている疑いがある場合は、アバスト アンチウイルスを利用して、コンピューターの次回起動時に [ブートタイム スキャン] が実行されるようにスケジュールを設定できます。これにより、オペレーティング システムとその他のサービスが起動する前に、既知の型のマルウェアがスキャンされ、脅威が削除されます。

[ブートタイム スキャン] は、システムに脅威があると疑われる場合に使用するよう設計された高度な機能で、通常は完了にある程度の時間がかかります。自動的または定期的に実行されることはありません - 必要に応じて手動でスキャンのスケジュールを設定する必要があります。

ブートタイム スキャンのスケジュールを設定して実行する前に、検出された脅威に対してブートタイム スキャンがどのように反応するのかを指定しておく必要があります。この記事では、一般的なブートタイム スキャンの設定についても説明します。スキャン感度を指定したり、ブートタイム スキャンで検出される問題の種類を指定したりできます。

アバスト アンチウイルスの通常モードにおいて、ブートタイム スキャンのスケジュール設定がマルウェアによって妨げられる場合、セーフ モードでブートタイム スキャンのスケジュール設定を行うことができます。手順については、次の記事を参照してください。

脅威への対応方法を管理する

ブートタイム スキャンが脅威を検出したときに適用されるアクションを指定するには、自動アクションを管理する必要があります。自動アクションを使用すると、ブートタイム スキャンが指定されたアクションを自動的に適用します。また、自動アクションを無効にすると、ブートタイム スキャン中に、検出された脅威ごとに手動でアクションを選択するように要求されます。

検出された脅威に対するブートタイム スキャンの対応方法を指定するには:

  1. アバスト アンチウイルスを開き、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に選択します。
  2. 画面の右側にある [設定](歯車アイコン)をクリックします。
  3. [ブートタイム スキャン] タブを選択します。
  4. [このスキャン時に自動アクションを実行] まで下にスクロールします。このオプションをオンにして自動アクションを有効にするか、オフにして自動アクションを無効にします。このオプションをオフのままにすると、ブートタイム スキャン中に脅威が検出されるたびにアバストから対応方法を尋ねられます。
  5. 前の手順で自動アクションを有効にした場合は、必要な自動アクションを選択します。
    • [自動的に修復する](推奨):アバスト アンチウイルスは、ファイルの修復を試みます。アクションに成功しなかった場合はファイルを [検疫] に移動します。いずれのアクションも成功しなかった場合はファイルを削除します。
    • ファイルを検疫に移動:アバスト アンチウイルス は、検出したファイルを [検疫] に送信します。これによりシステムが侵害されることはありません。
    • ファイルを削除:アバスト アンチウイルスは、PC からファイルを完全に削除します。

ブートタイム スキャンを実行すると、アバスト アンチウイルスは検出された脅威に対して設定に応じて応答します。

ブートタイム スキャンで自動アクションが行われるように設定する場合は、慎重に行ってください。誤検出により重要なシステム ファイルがマルウェアと誤って認識された場合、自動アクションが定義されていると、ブートタイム スキャンによってそのファイルが削除される場合があります。アバスト アンチウイルスには、このような問題の回避策が含まれていますが、偽陽性が生じることもあります。

ブートタイム スキャンを実行する

検出された脅威に対するブートタイム スキャンの対応方法を指定したら、次の手順に従ってスケジュールを設定します。

  1. アバスト アンチウイルスを開き、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に選択します。
  2. [ブートタイム スキャン] タイルをクリックします。
  3. [定義ファイルをインストール] をクリックしてから [PC の次の再起動時に実行] をクリックして、次回のシステム再起動中にスキャンを実行します。
[ブートタイム スキャン] 画面で [定義ファイルをインストール] をクリックすると、アバスト アンチウイルスはクラウド データベースからすべてのウイルス定義をダウンロードします。特別な定義のインストールをスキップした場合、ブートタイム スキャンではダウンロードした最新のウイルス定義のみに基づいてスキャンが行われます。ブートタイム スキャン画面に [定義ファイルをインストール] が表示されていない場合は、ウイルス定義が最新であることを示します。
  1. PC を再起動します。システムが再起動すると、ブートタイム スキャンの進捗画面が表示されます。
  2. 脅威が検出されると、アバスト アンチウイルスはアプリケーションの設定で指定したアクションを適用します。自動アクションが有効になっている場合、アバスト アンチウイルスは検出された問題を自動的に解決します。自動アクションが無効になっている状態で脅威が検出された場合は、画面の指示に従ってアバスト アンチウイルスが適用するアクションを手動で選択してください。

このスキャンには通常、数分かかりますが、システムの動作速度とスキャンするファイルの数によって所要時間は変わります。スキャンが完了するか、スキップされると、Windows の起動が続行されます。

スキャンをスキップするには、キーボードの Esc キーを押します。

スキャンの設定を調整する

  1. アバスト アンチウイルスを開き、[プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に選択します。
  2. 画面の右側にある [設定](歯車アイコン)をクリックします。
  3. [ブートタイム スキャン] タブを選択します。
  4. 次回のブートタイム スキャンに以下の設定を定義します。
    1. 感度::スライダーを使用して、希望するヒューリスティック感度のレベルを指定します。ヒューリスティックで、悪意がある恐れのあるコマンドのコードを分析することによって、アバスト アンチウイルスは未知のマルウェアを検出できます。
    2. PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:他のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、多くの場合、不要なアクティビティを実行するプログラムをブートタイム スキャンで探すには、このボックスに必ずチェック マークを入れます。
    3. 圧縮ファイルを展開する:スキャン中にアバスト アンチウイルスが圧縮ファイルを解凍するようにする場合は、このボックスに必ずチェック マークを入れます。
    4. スキャン領域:[すべてのハードディスク] または [システム ドライブ] を選択して、どのデータ スペースをスキャンして分析するかを指定します。
    5. 自動実行プログラム:コンピューターの起動時にアバスト アンチウイルスが自動的にスキャンできるようにします。
    6. 自動アクション:ブートタイム スキャンで検出された脅威に対する自動アクションを構成します。
  • アバスト無料アンチウイルス 21.x
  • アバスト プレミアム セキュリティ 21.x
  • アバスト オムニ 21.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1 with Convenient Rollup Update、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ