アバスト Wi-Fi の検査のアラート:リモート デスクトップで脆弱性が見つかりました

この記事ではアバスト アンチウイルスのWi-Fi の検査で次のアラートが表示される問題の解決方法について説明します。

  • リモート デスクトップで脆弱性が見つかりました

説明

一般的に「リモート デスクトップ」と呼ばれるリモート デスクトップ プロトコル(RDP)を使用すると、どこからでも PC に接続できます。アバスト アンチウイルスで Wi-Fi の検査 スキャンを実行した後に上のアラートが表示された場合、お使いの PC のリモート デスクトップ設定にセキュリティの不備があります。

PC に攻撃者が接続し、Microsoft のリモート デスクトップ プロトコルが持つ既知の脆弱性を悪用して、悪意あるコードを実行したり、マルウェアを植え付けたりする可能性があります。また攻撃者が推測した多数のパスワードで繰り返し PC の保護エリアにアクセスしようとする(いわゆるブルートフォース攻撃)可能性もあります。

解決方法

お使いの PC でネットワーク レベル認証を有効にすると、この問題は解決できます。この方法では、すべての接続要求で、サーバーとの接続セッションが確立する前に認証が義務付けられます。

Windows XP システムでは、ネットワーク レベル認証が有効になりません。Windows XP を使用している場合は、より新しい Windows バージョンにアップグレードするよう強くお勧めします。

以下の手順に沿って、PC でネットワーク レベル認証を有効にします。

ネットワーク レベル認証を有効にする手順は、お使いの Windows 10 バージョンによって異なります。以下の関連手順どおりに操作します。

比較的新しい Windows 10 バージョン

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックして、 [設定](歯車アイコン)を選択します。
  2. [システム] タイルを選択します。
  3. 左のパネルで [リモート デスクトップ] をクリックします。
  4. [詳細設定] をクリックします。
  5. [コンピューター接続時にネットワーク レベル認証の使用を求める(推奨)]の横にあるボックスにチェック マークを入れます。

これでネットワーク レベル認証が有効になり、お使いの PC ではリモート デスクトップを使った迷惑な接続への対策が整いました。

比較的古い Windows 10 バージョン

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックして検索ボックスに「コントロール パネル」と入力し、表示された検索ボックスの検索結果から [コントロール パネル] を選択します。
  2. [表示方法] の横を見て、[カテゴリ] 表示が使用されていることを確認します。
  3. [システムとセキュリティ] タイルを選択します。
  4. [システム] の下にある [リモート アクセスの許可] を選択します。
  5. [このコンピューターへのリモート接続を許可する] の下にある [ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)] にチェック マークが入っていることを確認します。

これでネットワーク レベル認証が有効になり、お使いの PC ではリモート デスクトップを使った迷惑な接続への対策が整いました。

  1. キーボードの Win キーと X キーを同時に押して、表示されたメニューで [コントロール パネル] を選択します。
  2. [表示方法] の横を見て、[カテゴリ] 表示が使用されていることを確認します。
  3. [システムとセキュリティ] タイルを選択します。
  4. [システム] の下にある [リモート アクセスの許可] を選択します。
  5. [このコンピューターへのリモート接続を許可する] の下にある [ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)] にチェック マークが入っていることを確認します。

これでネットワーク レベル認証が有効になり、お使いの PC ではリモート デスクトップを使った迷惑な接続への対策が整いました。

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] を選択します。
  2. [表示方法] の横を見て、[カテゴリ] 表示が使用されていることを確認します。
  3. [システムとセキュリティ] タイルを選択します。
  4. [システム] の下にある [リモート アクセスの許可] を選択します。
  5. [ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(安全性重視)] が選択されていることを確認します。

これでネットワーク レベル認証が有効になり、お使いの PC ではリモート デスクトップを使った迷惑な接続への対策が整いました。

  1. Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[コンピューター] を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  2. 左のパネルで [リモートの設定] を選択します。
  3. [ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(安全性重視)] が選択されていることを確認します。

これでネットワーク レベル認証が有効になり、お使いの PC ではリモート デスクトップを使った迷惑な接続への対策が整いました。

  • アバスト オムニ 21.x Windows 版
  • アバスト プレミアム セキュリティ 21.x Windows 版
  • アバスト無料アンチウイルス 21.x Windows 版
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ