アバスト ウイルス スキャン設定の調整

アバスト アンチウイルスには、PC をマルウェアから保護するために、様々なウイルス スキャンが含まれています。一部のスキャンには、カスタマイズ可能な設定もありますが、設定を変更するのは一時的なトラブルシューティングを行う目的に限定することをお勧めします。この記事の指示を参照し、次のウイルス スキャンのスキャン設定を調整してください。

  • フル ウイルス スキャン:すべてのハード ドライブ、ルートキット、自動実行プログラムをチェックするシステムの詳細スキャンが実行されます。
  • 部分スキャン:指定のフォルダーまたはドライブをスキャンします。
  • エクスプローラー スキャン:部分スキャンと同様に、ファイルまたはフォルダーをスキャンしますが、エクスプローラーまたはデスクトップ上で選択したファイルまたはフォルダーを右クリックした際に表示される Windows のコンテキスト メニューからのみ利用可能です。
  • ブートタイム スキャン:PC の起動時にリーチしにくいマルウェアをスキャンします。

ウイルス スキャン設定を開く

  1. アバスト アンチウイルスを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [プロテクション] ▸ [ウイルス スキャン] の順に選択します。

スキャン設定の管理

[フル ウイルス スキャン] タブを選択した後、以下のセクションを参照し、スキャン設定を調整してください。


スキャン感度

スキャンの感度はデフォルトで中感度に設定されていますが、高感度または低感度に調整することも可能です。感度が高いほど、保護のレベルとマルウェアの誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は低下しますが、スキャンの効果も低下する可能性があります。

  • 白いマーカーをクリックしたままの状態でスライドし、望ましい感度設定にします。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れ、感度を高めます。

  • PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをスキャンします。
  • スキャンする時にリンクをたどる:スキャン中のファイルが使用する他のファイルの潜在的に有害なコンテンツをスキャンします。
  • ファイル全体をテスト(大きなファイルでは非常に遅くなることがあります):悪意あるコードの影響を受けやすい部分だけでなく、ファイル全体をスキャンします。

ドロップダウン メニューを使用し、スキャンの優先順位を設定します(デフォルトで高優先度)。


スキャン領域

次のオプションを選択するか、その横にあるボックスにチェック マークを入れ、スキャン対象にします。

  • すべてのハードディスク:PC のハード ドライブをすべてスキャンします。
  • システム ドライブ:オペレーティング システムのドライブのみをスキャンします。
  • すべてのリムーバブル メディア:USB またはその他のリムーバブル デバイスを PC に挿入したときに自動的に起動されるアプリケーションをスキャンします。
  • ルートキット:システムに潜んでいる脅威をスキャンします。
  • UEFI BIOS:UEFI BIOS 起動プロセスに潜んでいる脅威をスキャンします。
  • CD-ROM および DVD ドライブ:CD ドライブと DVD ドライブの悪意のあるコンテンツをスキャンします。
  • メモリに読み込まれたスタートアップ プログラムとモジュール:システム起動後やバックグラウンドで実行されるアプリケーションとプロセスをスキャンします。

パッカーとアーカイブ

スキャン中の解凍を希望する圧縮ファイルの種類を選択します。

  • 一般的なインストーラーのみをスキャン:アプリのインストールに使用される実行ファイルのコンテンツのみをスキャンします。
  • すべてのアーカイブをスキャン:すべてのアーカイブ ファイル(7-Zip、RAR、ZIP、インストーラーなど)のコンテンツをスキャンします。これにより、スキャン速度が遅くなります。
  • アーカイブをスキャンしないでください:スキャン中、すべてのアーカイブ ファイルを無視します。これにより、スキャン速度が速くなります。

ファイルの種類

お使いの PC でマルウェアをスキャンする際に、優先するファイルの種類を選択します。

  • コンテンツに基づいた種類(低速):通常最もマルウェア攻撃に脆弱なファイルをスキャンします。
  • 名前の拡張子に基づいた種類(高速):.exe、.com、.bat などのリスクの高い拡張子のファイルのみをスキャンします。
  • 全ファイルをスキャン(非常に低速):PC 上のすべてのファイルでマルウェアをスキャンします。

自動アクション

[このスキャン時に自動アクションを実行] の横にあるボックスにチェック マークを入れ、次のオプションのいずれかを選択し、感染したファイルが検出された際の自動アクションを定義します。

  • 自動的に修復する:アバストは、感染したファイルの修復を試みます。修復が不可能な場合、該当するファイルは検疫に移動され、移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
  • ファイルを検疫に移動:感染したファイルの修復は行われませんでした。代わりに、検疫に移動されました。
  • ファイルを削除:感染したファイルの修復も検疫への移動も行われませんでした。代わりに、該当するファイルは自動的に削除されました。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れてください。

  • スキャン終了後にコンピューターをシャットダウン:アバストは、フル ウイルス スキャン完了後、お使いのコンピューターをシャットダウンします。
  • レポート ファイルを生成:アバストは、自動的にスキャンに関するレポート ファイルを作成し、格納します。

[部分スキャン] タブを選択した後、以下のセクションを参照し、スキャン設定を調整してください。


スキャン感度

スキャンの感度はデフォルトで中感度に設定されていますが、高感度または低感度に調整することも可能です。感度が高いほど、保護のレベルとマルウェアの誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は低下しますが、スキャンの効果も低下する可能性があります。

  • 白いマーカーをクリックしたままの状態でスライドし、望ましい感度設定にします。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れ、感度を高めます。

  • PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをスキャンします。
  • スキャンする時にリンクをたどる:スキャン中のファイルが使用する他のファイルの潜在的に有害なコンテンツをスキャンします。
  • ファイル全体をテスト(大きなファイルでは非常に遅くなることがあります):悪意あるコードの影響を受けやすい部分だけでなく、ファイル全体をスキャンします。

ドロップダウン メニューを使用し、スキャンの優先順位を設定します(デフォルトで中優先度)。


パッカーとアーカイブ

スキャン中の解凍を希望する圧縮ファイルの種類を選択します。

  • 一般的なインストーラーのみをスキャン:アプリのインストールに使用される実行ファイルのコンテンツのみをスキャンします。
  • すべてのアーカイブをスキャン:すべてのアーカイブ ファイル(7-Zip、RAR、ZIP、インストーラーなど)のコンテンツをスキャンします。これにより、スキャン速度が遅くなります。
  • アーカイブをスキャンしないでください:スキャン中、すべてのアーカイブ ファイルを無視します。これにより、スキャン速度が速くなります。

ファイルの種類

お使いの PC でマルウェアをスキャンする際に、優先するファイルの種類を選択します。

  • コンテンツに基づいた種類(低速):通常最もマルウェア攻撃に脆弱なファイルをスキャンします。
  • 名前の拡張子に基づいた種類(高速):.exe、.com、.bat などのリスクの高い拡張子のファイルのみをスキャンします。
  • 全ファイルをスキャン(非常に低速):PC 上のすべてのファイルでマルウェアをスキャンします。

自動アクション

[このスキャン時に自動アクションを実行] の横にあるボックスにチェック マークを入れ、次のオプションのいずれかを選択し、感染したファイルが検出された際の自動アクションを定義します。

  • 自動的に修復する:アバストは、感染したファイルの修復を試みます。修復が不可能な場合、該当するファイルは検疫に移動され、移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
  • ファイルを検疫に移動:感染したファイルの修復は行われませんでした。代わりに、検疫に移動されました。
  • ファイルを削除:感染したファイルの修復も検疫への移動も行われませんでした。代わりに、該当するファイルは自動的に削除されました。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れてください。

  • スキャン終了後にコンピューターをシャットダウン:アバストは、部分スキャン完了後、お使いのコンピューターをシャットダウンします。
  • レポート ファイルを生成:アバストは、自動的にスキャンに関するレポート ファイルを作成し、格納します。

[エクスプローラー スキャン] タブを選択した後、以下のセクションを参照し、スキャン設定を調整してください。


スキャン感度

スキャンの感度はデフォルトで中感度に設定されていますが、高感度または低感度に調整することも可能です。感度が高いほど、保護のレベルとマルウェアの誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は低下しますが、スキャンの効果も低下する可能性があります。

  • 白いマーカーをクリックしたままの状態でスライドし、望ましい感度設定にします。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れ、感度を高めます。

  • PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをスキャンします。
  • スキャンする時にリンクをたどる:スキャン中のファイルが使用する他のファイルの潜在的に有害なコンテンツをスキャンします。
  • ファイル全体をテスト(大きなファイルでは非常に遅くなることがあります):悪意あるコードの影響を受けやすい部分だけでなく、ファイル全体をスキャンします。

ドロップダウン メニューを使用し、スキャンの優先順位を設定します(デフォルトで高優先度)。


パッカーとアーカイブ

スキャン中の解凍を希望する圧縮ファイルの種類を選択します。

  • 一般的なインストーラーのみをスキャン:アプリのインストールに使用される実行ファイルのコンテンツのみをスキャンします。
  • すべてのアーカイブをスキャン:すべてのアーカイブ ファイル(7-Zip、RAR、ZIP、インストーラーなど)のコンテンツをスキャンします。これにより、スキャン速度が遅くなります。
  • アーカイブをスキャンしないでください:スキャン中、すべてのアーカイブ ファイルを無視します。これにより、スキャン速度が速くなります。

ファイルの種類

お使いの PC でマルウェアをスキャンする際に、優先するファイルの種類を選択します。

  • コンテンツに基づいた種類(低速):通常最もマルウェア攻撃に脆弱なファイルをスキャンします。
  • 名前の拡張子に基づいた種類(高速):.exe、.com、.bat などのリスクの高い拡張子のファイルのみをスキャンします。
  • 全ファイルをスキャン(非常に低速):PC 上のすべてのファイルでマルウェアをスキャンします。

自動アクション

[このスキャン時に自動アクションを実行] の横にあるボックスにチェック マークを入れ、次のオプションのいずれかを選択し、感染したファイルが検出された際の自動アクションを定義します。

  • 自動的に修復する:アバストは、感染したファイルの修復を試みます。修復が不可能な場合、該当するファイルは検疫に移動され、移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
  • ファイルを検疫に移動:感染したファイルの修復は行われませんでした。代わりに、検疫に移動されました。
  • ファイルを削除:感染したファイルの修復も検疫への移動も行われませんでした。代わりに、該当するファイルは自動的に削除されました。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れてください。

  • スキャン終了後にコンピューターをシャットダウン:アバストは、エクスプローラー スキャン完了後、お使いのコンピューターをシャットダウンします。
  • 一般レポート ファイル:アバストは、自動的にスキャンに関するレポート ファイルを作成し、格納します。

[ブートタイム スキャン] タブを選択した後、以下のセクションを参照し、スキャン設定を調整してください。


スキャン感度

スキャンの感度はデフォルトで中感度に設定されていますが、高感度または低感度に調整することも可能です。感度が高いほど、保護のレベルとマルウェアの誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は低下しますが、スキャンの効果も低下する可能性があります。

  • 白いマーカーをクリックしたままの状態でスライドし、望ましい感度設定にします。

必要に応じて、次の設定の横にあるボックスにチェック マークを入れ、感度を高めます。

  • PUP(必要ないかもしれないプログラム)のスキャン:別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをスキャンします。
  • 圧縮ファイルを展開する:すべてのアーカイブ ファイル(7-Zip、RAR、ZIP、インストーラーなど)のコンテンツをスキャンします。

スキャン領域

次のオプションを選択するか、その横にあるボックスにチェック マークを入れ、スキャン対象にします。

  • すべてのハードディスク:PC のハード ドライブをすべてスキャンします。
  • システム ドライブ:オペレーティング システムのドライブのみをスキャンします。
  • 自動実行プログラム:すべての自動実行プログラムをスキャンします。

自動アクション

[このスキャン時に自動アクションを実行] の横にあるボックスにチェック マークを入れ、次のオプションのいずれかを選択し、感染したファイルが検出された際の自動アクションを定義します。

  • 自動的に修復する:アバストは、感染したファイルの修復を試みます。修復が不可能な場合、該当するファイルは検疫に移動され、移動に失敗した場合、ファイルは削除されます。
  • ファイルを検疫に移動:感染したファイルの修復は行われませんでした。代わりに、検疫に移動されました。
  • ファイルを削除:感染したファイルの修復も検疫への移動も行われませんでした。代わりに、該当するファイルは自動的に削除されました。
  • アバスト オムニ 21.x
  • アバスト プレミアム セキュリティ 21.x
  • アバスト無料アンチウイルス 21.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1 with Convenient Rollup Update、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ