アバスト アンチウイルスのサイバーキャプチャーの管理

CyberCaptureはアバストの機能の 1 つで、稀な疑わしいファイルを検出して分析します。そのようなファイルをユーザーが実行しようと試みた場合、サイバーキャプチャーはそのファイルをロックして PC からアバスト脅威研究所に送信します。ファイルは安全な仮想環境で分析されます。

認識されていないすべてのファイルをブロックして最大限の保護を実現するために、サイバーキャプチャーはデフォルトで有効になっています。

デフォルトの設定を保持することを強くお勧めします。しかし、サイバーキャプチャーの動作を詳細にコントロールすることをご希望の場合は、この記事の各セクションに記載されている手順を参照してください。

検出されたファイルに関する意見を送信する

サイバーキャプチャーは、アバスト脅威研究所での分析が完了するまで、検出されたファイルへのアクセスを自動的にブロックして拒否します。ただし、ユーザーはファイルを信頼できるものとしてマークしてアバスト脅威研究所に知らせることができます。

ファイルを信頼できるものとしてマークするには、以下の手順に従ってください。

  1. ファイルが検出されたときに [詳細] をクリックします。
  2. 次のダイアログで [このファイルを信用しています] をクリックします。

アバスト脅威研究所に意見を送信したことを確認する通知が表示されます。サイバーキャプチャーのデフォルトの動作を変更する場合は、[設定] をクリックします。

分析が完了すると、ファイルのセキュリティ ステータスに関する通知が表示されます。

サイバーキャプチャーによって検出されたファイルを管理する

検出されたファイルをユーザー自身で管理する場合は、検出されたファイルの実行をユーザーに許可するようにサイバーキャプチャーを設定できます。検出されたファイルは必ずアバスト脅威研究所によって分析されますが、このオプションを利用すると、分析中にファイルを使用できます。

サイバーキャプチャーのデフォルトの設定を変更するには、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. [一般] タブが選択されていることを確認し、[CyberCapture を有効化] の項目にある [私が判断します] オプションにチェックを付けます。
  3. [OK] をクリックして設定を更新します。

[サイバーキャプチャー] 設定で [私が判断します] オプションを有効にした後で、ファイルが検出された場合に行う処理を決定できます。

  1. [CyberCapture] ダイアログが表示されたら、[詳細] をクリックします。
  2. [そのまま実行する (非推奨)] をクリックします。ファイルが安全なものであると確信できる場合は、[アバスト ウイルス ラボにアップロードして詳しく解析する] のチェックを外すことができます。

検出されたプログラムまたはファイルが開きます。分析が完了すると、ファイルのセキュリティ ステータスに関する通知が表示されます。

サイバーキャプチャーによるファイルの送信を停止する

検出されたファイルをCyberCaptureがアバスト脅威研究所に送信できないようにすることはお勧めしませんが、特定の目的のためにこのオプションが設けられています。このオプションは、サイバーキャプチャー設定の如何にかかわらず有効です。

  1. ファイルが検出されたときに [詳細] をクリックします。
  2. [アバスト ウイルス ラボにアップロードして詳しく解析する] オプションのチェックを外し、[OK] をクリックして確定します。

検出されたファイルはアバスト脅威研究所には送信されず、ファイルのセキュリティ ステータスに関する通知は表示されません。アバスト脅威研究所に送信されていないファイルには極度の注意を払うことをお勧めします。

サイバーキャプチャーのスキャンからファイルを除外する

CyberCaptureでのスキャンからファイルを除外することはお勧めしません。ただし、トラブルシューティングを目的としてファイルを一時的に除外する必要が生じた場合は、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. [一般] タブが選択されていることを確認し、最下部までスクロールして、[スキャンからの除外] の横にある下向きの矢印をクリックしてセクションを展開します。
  3. [サイバーキャプチャー] タブをクリックし、除外するファイルのパスを入力します。
  4. キーボードで Enter を押すか、[追加] ボタンをクリックします。
  5. [OK] をクリックして設定を更新します。

除外を設定すると、そのファイルはサイバーキャプチャーのスキャンでは無視されます。

サイバーキャプチャーを無効にする

CyberCaptureを無効にすることはお勧めしません。ただし、トラブルシューティングを目的として無効にする必要が生じた場合は、以下の手順に従ってください。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開き、[設定] をクリックします。
  2. [一般] タブが選択されていることを確認し、[CyberCapture を有効化] のチェックを外します。

サイバーキャプチャーは完全に無効になります。再び有効にするには、[設定] ▸ [一般] の順に進み、[CyberCapture を有効化] のチェックを外します。

  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロ アンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ