ソフトウェア アップデーター - はじめに

アバスト アンチウイルスソフトウェア アップデーターは、潜在的なセキュリティ リスクを一掃するために一般的に使用されるサードパーティ ソフトウェアを最新の状態に保つのに役立ちます。悪意のある攻撃は、古くなったソフトウェアにある弱点を利用して PC にアクセスすることが少なくありません。この機能では PC にインストールされている最も一般的なプログラムが表示され、手動または自動で簡単にそれらを更新できます。

ソフトウェアの手動更新

  1. アバスト アンチウイルスを開き、[パフォーマンス] ▸ [ソフトウェア アップデーター] の順に選択します。
  2. 古くなったアプリ リストのアプリケーションの横にある [今すぐ更新] をクリックします。
アバストでアップデートを直接ダウンロードしてインストールできない場合は、アップデートをダウンロードするためにメーカーのウェブサイトまたは別の適切なサイトにリダイレクトされます。

自動更新の有効化

この機能はアバスト プレミアム セキュリティおよびアバスト オムニにおいてのみ利用することができます。アバスト アンチウイルスの他のすべてのバージョンでは、まずアップグレードを求められます。
  1. アバスト アンチウイルスを開き、[パフォーマンス] ▸ [ソフトウェア アップデーター] の順に選択します。
  2. [自動更新] の横にある [オフ] スライダーをクリックして [オン] に変更します。

この処理により、アバストでアップデート プログラムを自動的にダウンロードしてインストールできるようになります。

個別のアプリケーション アップデートを無視する

古くなったソフトウェアはハッカーの攻撃に対してきわめて脆弱であるため、更新を無視しないことを強くお勧めします。
  1. アバスト アンチウイルスを開き、[パフォーマンス] ▸ [ソフトウェア アップデーター] の順に選択します。
  2. アプリケーションの横にあるボックスにチェック マークを入れ、[この更新を無視] をクリックします。

ソフトウェア アップデーター設定を管理する

ソフトウェア アップデーターの設定画面では、ソフトウェア アップデーターからの通知を管理し、自動更新を有効にできます。

  1. アバスト アンチウイルスを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [パフォーマンス] ▸ [ソフトウェア アップデーター] の順に選択します。
  3. 以下のオプションがカスタマイズ可能です。
    • 新しいアップデートについての通知:ソフトウェアの更新が利用可能になったときに通知を受信する場合は、チェック マークを入れます。このオプションはデフォルトでは有効になっています。
    • 自動的にアプリを更新する(アバスト プレミアム セキュリティとアバスト オムニのみ)ボックスにチェック マークを入れ、ソフトウェア アップデーターがサード パーティ ソフトウェアの更新のダウンロードとインストールを自動的に行うよう権限を許可します。

アップデートの問題を修正する

ソフトウェア アップデーターが想定通りに動作しない場合は、次の記事を参照し、ソフトウェア アップデーターの内部データベースをデフォルト値にリセットして問題を解決してください。

  • アバスト オムニ 1.x
  • アバスト プレミアム セキュリティ 20.x
  • アバスト無料アンチウイルス 20.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ