アバスト モバイル セキュリティの盗難対策を使用して、紛失または盗難に遭った Android デバイスをリモートで制御する

デバイスをリモート制御できるようにするには、アバスト モバイル セキュリティAnti-Theft 機能を有効にする必要があります。アバスト モバイル セキュリティをプロ バージョンにアップグレードすると、誤った PIN が入力されたときに泥棒の写真を撮影する、SIM カードが交換されたときにデバイスをロックする、電話周辺の様子をひそかに音声ファイルとして随時記録する、という盗難対策の追加オプションを使用できます。

デバイスをリモート制御するには、次のリソースを使用します。

  • アバスト アカウント:my.avast.com ウェブサイトで作成されるアカウント。この方法を用いる場合は、盗難対策機能がユーザーのアバスト アカウントに接続する必要があります。紛失したデバイスが作動していて、インターネットに接続していることも必要です。
  • SMS リモート コントロール:盗難対策に組み込まれているオプション。この方法を用いる場合は、対象デバイスとリモート制御に使用するデバイスの両方にアバスト モバイル セキュリティ プロがインストールされている必要があります。
  • SMSコマンド:紛失したデバイスに対して他のどのデバイスからでも送信できるコマンド。この方法を用いる場合は、コマンドはすべて受信メッセージ フォルダに格納されるため、ユーザーが携帯をリモート制御しようとしていることを泥棒と思われる人物に知られる可能性があります。

この記事では、次の最もよく使用されるコマンドについて説明します:LOCATELOSTWIPE。しかし盗難対策には、紛失した携帯の位置を特定する、ユーザーのデータを保護する、泥棒と思われる人物を特定する、という目的で使用するコマンドが他にもあります。

手順

以下のステップを実行するには、携帯で盗難対策の初期設定を行う際に設定されたアバスト PINコードが必要となります。アバスト PIN コードを忘れたため復元する必要がある場合は、次の記事を参照してください。

盗難対策インターフェイスに移動する

  1. デバイス上のアバスト モバイル セキュリティのアイコンをタップします。
  2. 左上隅にあるメニュー アイコンをタップします。
  3. [Anti-Theft] を選択します。
  4. 盗難対策用に設定された [アバスト PINコード] を入力します。PIN コードを忘れた場合は、リセットできます。
  5. スクロール ダウンして [SMS リモート コントロール] をタップします。
  6. コマンド リストからコマンドを選択します。

LOST コマンドを送信する

LOST コマンドでは、保護動作の設定に基づいて、SIM カードが交換されたときと同様の操作が行われます。

  1. コマンド リストから [LOST] を選択します。
  2. 対象のデバイスの電話番号とアバスト PINコードを入力します。[SMS 送信] をタップします。

デフォルトでは次の機能が有効にされており、デバイスが紛失中としてマークされると起動します。

  • デバイスをロック:侵入者にデバイスを使用されないようにします。
  • サイレンの鳴動:デバイスのサイレンを起動させて、その位置をユーザーや他の人に知らせます。
  • カメラトラップ:侵入者を特定できるように、泥棒の写真を撮影し、音声ファイルを 1 分間記録します。アバスト アカウントで写真や音声ファイルを確認する場合は、デバイスを選択して、[情報] ▸ [通知] の順に選択します。
これらの設定は、次の方法で変更できます。
  • アバスト モバイル セキュリティ:[ メニュー] ▸ [Anti-Theft] の順に進み、[紛失したものとしてデバイスがマークされた場合] セクションまでスクロール ダウンします。
  • アバスト アカウント:デバイスを選択して、[設定] ▸ [Anti-Theft] ▸ [保護動作の設定] の順に進みます。

これらの機能のいずれかを無効に設定していた場合は、アバスト アカウントまたは別のデバイスからコマンドを送信することで、各機能を個別に起動できます。

LOST コマンドを無効にするには、見つかったデバイスで PIN コードを入力するか、上記のステップに従って FOUND コマンドを送信します。

LOCATE コマンドを送信する

LOCATE コマンドは、デバイスの位置を最も早く簡単に特定できる方法です。

  1. コマンド リストから [LOCATE] を選択します。
  2. 対象のデバイスの電話番号とアバスト PINコードを入力します。[SMS 送信] をタップします。
  3. モバイル デバイスの位置が特定されると、その位置が示された地図をアバスト アカウントで確認できます。
    • デバイスを選択して、[情報] ▸ [コマンド] セクションの順に進みます。地図を表示するには、パネル内でステータスが送信済み となっている項目のピンポイント アイコン をクリックします。
    • 携帯電話は緑色の円の中にあります。テーブル アイコン をクリックすると GPS 座標が開かれ、携帯の位置、緯度、経度、精度に関する情報を確認できます。

必要な場合はこの情報を警察に提供できます。信号の強度やデバイスが GPS 信号の範囲内にあるかどうかによって位置精度は変化しますのでご注意ください。

WIPE コマンドを送信する

WIPE コマンドによって、デバイスにあるデータがすべて消去され、工場出荷時の状態に戻されます。

コマンドの送信後に、この操作を取り消すことはできません。
  1. コマンド リストから [WIPE] を選択します。
  2. 対象のデバイスの電話番号とアバスト PINコードを入力します。[SMS 送信] をタップします。コマンドの送信後、デバイスが再起動されます。
以下のステップを実行するには、携帯で盗難対策の初期設定を行う際に設定されたアバスト PINコードが必要となります。アバスト PIN コードを忘れたため復元する必要がある場合は、次の記事を参照してください。

LOST コマンドを送信する

LOST コマンドでは、保護動作の設定に基づいて、SIM カードが交換されたときと同様の操作が行われます。

  1. 盗難に遭ったデバイスの番号に対して、友人のモバイル デバイスから SMS メッセージを送信します。SMS LOST コマンドは次のようになります。
    • 1234 lost は、1234アバスト PINコードを指し、lost がコマンドを指しています。

デフォルトでは次の機能が有効にされており、デバイスが紛失中としてマークされると起動します。

  • デバイスをロック:侵入者にデバイスを使用されないようにします。
  • サイレンの鳴動:デバイスのサイレンを起動させて、その位置をユーザーや他の人に知らせます。
  • カメラトラップ:侵入者を特定できるように、泥棒の写真を撮影し、音声ファイルを 1 分間記録します。アバスト アカウントで写真や音声ファイルを確認する場合は、デバイスを選択して、[情報] ▸ [通知] の順に選択します。
これらの設定は、次の方法で変更できます。
  • アバスト モバイル セキュリティ:[ メニュー] ▸ [Anti-Theft] の順に進み、[紛失したものとしてデバイスがマークされた場合] セクションまでスクロール ダウンします。
  • アバスト アカウント:デバイスを選択して、[設定] ▸ [Anti-Theft] ▸ [保護動作の設定] の順に進みます。

これらの機能のいずれかを無効に設定していた場合は、アバスト アカウントまたは別のデバイスからコマンドを送信することで、各機能を個別に起動できます。

LOST コマンドを無効にするには、見つかったデバイスで PIN コードを入力するか、上記のステップに従って FOUND コマンドを送信します。

LOCATE コマンドを送信する

LOCATE コマンドは、デバイスの位置を最も早く簡単に特定できる方法です。

  1. 盗難に遭ったデバイスの番号に対して、友人のモバイル デバイスから SMS メッセージを送信します。SMS 位置特定 コマンドは次のようになります。
    • 1234 locate は、1234アバスト PINコードを指し、locate がコマンドを指しています。
  2. モバイル デバイスの位置が特定されると、その位置が示された地図をアバスト アカウントで確認できます。
    • デバイスを選択して、[情報] ▸ [コマンド] セクションの順に進みます。地図を表示するには、パネル内でステータスが送信済み となっている項目のピンポイント アイコン をクリックします。
    • 携帯電話は緑色の円の中にあります。テーブル アイコン をクリックすると GPS 座標が開かれ、携帯の位置、緯度、経度、精度に関する情報を確認できます。

必要な場合はこの情報を警察に提供できます。信号の強度やデバイスが GPS 信号の範囲内にあるかどうかによって精度は変化しますのでご注意ください。

WIPE コマンドを送信する

WIPE コマンドによって、デバイスにあるデータがすべて消去され、工場出荷時の状態に戻されます。

コマンドの送信後に、この操作を取り消すことはできません。
  1. 盗難に遭ったデバイスの番号に対して、友人のモバイル デバイスから SMS メッセージを送信します。SMS WIPE コマンドは次のようになります。
    • 1234 wipe は、1234アバスト PINコードを指し、wipe がコマンドを指しています。このコマンドの送信後、デバイスが再起動されます。
  • Android 用アバスト盗難対策
  • アバスト モバイル セキュリティ 6.x
  • Google Android 4.1(Jelly Bean、API 16)以降

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ