macOS Catalina 10.15.4 以降でのレガシー システム拡張機能 | アバスト

macOS Catalina 10.15.4 以降でのレガシー システム拡張機能

Mac バージョン 14.5 以前の [アバスト セキュリティ]、[アバスト プレミアム セキュリティ]、[アバスト オムニ] では、カーネル拡張を使用して Mac にリアルタイム保護を提供します。2020 年 3 月 24 日、Apple は Catalina のバージョン 10.15.4 を macOS ユーザーにリリースしました。このアップデートには、Mac 上でのカーネル拡張機能のチェックが含まれています。カーネル拡張機能を使用するアプリケーションが削除された場合、macOS は、レガシーのシステム拡張機能に関する通知を表示します。[OK] をクリックして通知を閉じます。お使いのアバスト製品は引き続き正常に機能します。

ソフトウェア開発者向けの Apple ガイドラインの変更に準じて、Endpoint Security と Network Extension フレームワークをアップデートしました。これらのアップデートは、アバスト セキュリティ、アバスト プレミアム セキュリティ、アバスト オムニ バージョン 14.6 に実装され、macOS 11 Big Sur を実行しているお客様にご利用いただけます。

レガシーのシステム拡張機能に関する詳細は、次の Apple のお知らせを参照してください。

  • アバスト セキュリティ 14.x Mac 版
  • アバスト プレミアム セキュリティ 14.x Mac 版
  • アバスト オムニ 14.x Mac 版
  • Apple macOS 10.15.4(Catalina)以降

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ