macOS 10.15.4 以降でのレガシー システム拡張機能

2020 年 3 月 24 日、Apple は Catalina のバージョン 10.15.4 を macOS ユーザーにリリースしました。このアップデートには、Mac 上でのカーネル拡張機能のチェックが含まれています。カーネル拡張機能を使用するアプリケーションが削除された場合、macOS は、レガシーのシステム拡張機能に関する通知を表示します。[OK] をクリックして通知を閉じます。お使いのアバスト製品は引き続き正常に機能します。

現在、アバスト セキュリティおよびアバスト プレミアム セキュリティ Mac 版では、カーネル拡張機能を使用して Mac をリアルタイムで保護しています。アバストでは、Apple がソフトウェア開発者向けのガイドラインを変更していることは把握しており、これにアクティブに取り組んでアバスト製品を改良しているため、今後の変更に対しても完全に準拠できます。カーネル拡張機能から Endpoint Security フレームワークおよび Network Extension フレームワークへの移行は、macOS の次のメジャー リリースに合わせて完了する予定です。

レガシーのシステム拡張機能に関する詳細は、次の Apple のお知らせを参照してください。

  • アバスト セキュリティ 14.x Mac 版
  • アバスト プレミアム セキュリティ 14.x Mac 版
  • アバスト オムニ 1.x Mac 版
  • Apple macOS 10.15.4(Catalina)以降

この記事は役に立ちましたか?

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ