アバスト モバイル セキュリティ Android 版 - はじめに

アバスト モバイル セキュリティ は、無用なフィッシング、マルウェア、スパイウェア、トロイの木馬など、悪意のあるウイルスからデバイスを保護する Android 用セキュリティ アプリです。このアプリはまた、デバイスの使用を簡単にするさまざまな機能を備えています。

アバスト モバイル セキュリティの使用方法の説明については、この記事の以下のセクションを参照してください。

アバスト モバイル セキュリティ インターフェースを使用する

デバイスのメイン画面で [アバスト モバイル セキュリティ] のアイコンをクリックし、アプリを開きます。

メイン画面は [スキャン] ボタンと、その他のスキャン オプションを表す 4 つのタイルから構成されています。

これらのオプションでは、次の一覧にあるアクションを実行できます。

  • スキャン:インストールされているすべてのアプリケーションをスキャンします。また、既定の Android 設定の変更により発生したセキュリティ上のリスクを通知します。
  • RAM をブースト:バックグラウンドで実行され、デバイスを遅くしているアプリを停止します。
  • ジャンクをクリーニング:デバイスで使用されているストレージの現在の容量を表示し、容量を安全に解放することを可能にします。アバスト クリーンアップ アプリを利用すると、解放できる容量がさらに増えます。
  • Wi-Fi を検査:ルーター、暗号化、Wi-Fi、接続の問題を発見する目的でネットワークをスキャンできます。現在の Wi-Fi ネットワークの有効性が確認されると、このオプションが速度をチェックとして表示されます。
  • VPN 接続:オンライン アクティビティの盗聴を防ぐ暗号化トンネルを使い、安全なアバスト VPN サーバーを通じてインターネットに接続できます。この機能は アルティメット または アルティメット マルチ サブスクリプションでのみ利用できます。

アプリのメイン画面から、左上隅にある (3 本の線)をタップすることでも、プライバシー保護とデバイス管理のためのさまざまなツールにアクセスしたり、アプリの設定を行ったりできます。

アバスト モバイル セキュリティ プレミアムを購入し、アクティベートする

アバスト モバイル セキュリティは無料版以外にも有料版を各種提供しています。有料版の アバスト モバイル セキュリティ プレミアム にアップグレードするとできるようになること:

  • アプリのロック 機能でロックできるアプリの数が無制限になります。
  • サードパーティの広告が無効になります。
  • Avast Anti-Theft を使用すると、無効な PIN が入力されたときに窃盗犯の写真を撮ったり、SIM カードが変更されたときにデバイスをロックしたり、スマートフォンの周囲をいつでもひそかに記録したりできます。
  • 問い合わせへのサポートを優先的に受けられます。

手順の詳細については、次の記事を参照してください。

他の有料版アバスト モバイル セキュリティに含まれる機能については、次の記事を参照してください。

デバイスをスキャンし、セキュリティ上の脅威を検出する

アバスト モバイル セキュリティ では、インストールされているアプリやメモリ カードの内容をスキャンしてセキュリティ上の問題を調べたり、既定の Android 設定の変更により発生したセキュリティ上のリスクを検出したりできます。

  1. [スキャン] ボタンをタップします。
  2. デバイスで見つかったセキュリティ上の問題に対処するには、[解決] をタップします。

スキャンが完了すると、見つかった問題が スキャン レポートで報告されます。問題が見つからなかった場合、スキャン からは、デバイスをさらに最適化するためのヒントが与えられます。

デバイス スキャンのスケジュールを設定する

  1. (3 本の線)をタップし、[設定] を選択します。
  2. [プロテクション] をタップすると、保護設定の一覧が開きます。
  3. 通常スキャンを設定するには、[スケジュールされたスキャン] をタップします。
  4. 画面上にある オフ スライダーをタップし、オンに変更し、通常スキャンを実行する時刻と曜日を選択します。
  5. 戻る矢印をタップすると、スケジュールしたスキャン設定が確定され、保護設定に戻ります。

保護設定を行う

保護設定にアクセスするには、アプリのメイン インターフェースの左上隅にある (3 本の線)をタップし、[設定] ▸ [プロテクション] の順に選択します。

  1. 次のシールドの隣にあるスライダーをタップし、 オンまたは オフに切り替えます:
    • アプリインストールシールド:インストール後にアプリをスキャンできます。
    • ファイル シールド(Android バージョン 5、7 以降):デバイスに保存されているすべてのファイルをスキャンします。
    • ウェブ シールド ライト:Android 5 以前で、偽サイトにアクセスできなくします。
    • アクセシビリティを伴うウェブ シールド:このシールドを有効にする前に、アバスト モバイル セキュリティにアクセシビリティ権限を与えるよう求められます。この権限は、Android バージョン 6 以降で URL を監視するために必要です。
    最大限の保護を与えるために、すべてのシールドがデフォルトで有効になっています。
  2. 次の保護オプションの隣にあるスライダーをタップし、 オンまたは オフに切り替えます:
    • 内蔵ストレージ検査:写真、メディア ファイル、インストールされているアプリなどが含まれるデバイスの内部ストレージをスキャンし、脅威を検出できます。このオプションはデフォルトでは無効になっています。
    • 評判の良くないアプリ:評価の低いアプリを検出し、警告できます。アプリの評価はアバスト ユーザーのフィードバックによって決定されています。
    • PUPを検知する:潜在的に望ましくないプログラム(PUP)からユーザーを保護できます。PUP とは、他のプログラムをダウンロードしたときにひそかにダウンロードされたプログラムです。PUP は通常、不要なアクティビティでデバイスを乱します。たとえば、ネットを閲覧しているとき、ツールバーや広告で邪魔をします。
  3. 保護設定を終了するには、 戻る矢印をタップします。

バックグラウンドで実行されているアプリを停止する

アバスト モバイル セキュリティの [RAM をブースト] オプションを利用すると、バックグラウンドで実行されているアプリを停止し、それらのアプリによりデバイスが遅くなったり、バッテリーが使われたりすることを防ぐことができます。

バックグラウンドで実行されているアプリを停止するには、[RAM をブースト] タイルをタップします。

ストレージ領域を管理する

[ジャンクをクリーニング] タイルには、デバイスのストレージの現在使用されている容量が表示されます。[セーフ クリーン] オプションで領域を解放できます。

  1. [ジャンクをクリーニング] タイルをタップします。
  2. [権限を付与] をタップします。
  3. [アバスト モバイル セキュリティ] を選択し、 オフ スライダーをタップしてオンに切り替え、アバスト モバイル セキュリティの使用データ アクセスを許可します。
  4. 結果画面の [セーフ クリーン] の下で [クリーニング] をタップすると、デバイスから不要なファイルが安全に削除されます。また、[セーフ クリーン] タイルの下矢印をタップすると、クリーニング対象として特定の項目タイプが選択、または選択解除されます。

アバスト クリーンアップ アプリでは、削除できるファイル、メディア、アプリ、アプリ データの数が増え、デバイスで解放できる領域が増えます。ファイルやメディアをクラウド ストレージ サービスに転送することもできます。アバスト クリーンアップがデバイスにまだインストールされていない場合、[クリーニングを続行] を [ディープ クリーン] の下で選択し、画面の指示に従ってアプリをインストールします。

接続されている Wi-Fi ネットワークの速度を確認する

  1. Wi-Fi ネットワークの速度をテストするには、(3 本の線)▸ [Wi-Fi スピード] の順に進みます。
  2. 接続されている Wi-Fi ネットワークのダウンロード速度とアップロード速度が表示されます。結果ダイアログを閉じるには、 戻る矢印をタップします。

重要なアプリを PIN で保護する

アプリのロック は、アプリに PIN を設定することを可能にする有料機能です。保護されているアプリを開くたびに、PIN の入力が求められます。

  1. この機能にアクセスするには、(3 本の線)▸ [アプリのロック] の順にタップします。
  2. 右下隅にある [今すぐセットアップ] をタップします。
  3. 番号が付いたパネルをそれぞれタップし、画面の指示に従って各ステップを完了させます。すべての 必要な手順 が完了したら、[アプリのロックを有効にする] をタップし、この機能の使用を開始できます。
  4. 保護するアプリの横にある灰色のオフ)スライダーをタップし、オレンジ色オン)に変更します。

PIN はいつでも変更できます。変更するには、(3 本の線)▸ [設定] ▸ [PIN とパターン] ▸ [PIN の変更] の順に進みます。

盗難対策でスマートフォンを追跡する

盗難対策 は、モバイル デバイスの個人データを保護し、紛失や盗難に遭ったスマートフォンを発見することを目的とした機能です。

  1. この機能にアクセスするには、(3 本の線)▸ [盗難対策] の順にタップします。
  2. 詳細については、次の記事を参照してください。

接続されている Wi-Fi ネットワークのセキュリティを確認する

Wi-Fi セキュリティ では、ルーター、暗号化、Wi-Fi、接続の問題を検出する目的でネットワークをスキャンできます。

Wi-Fi ネットワークのセキュリティをテストするには、(3 本の線)▸ [Wi-Fi セキュリティ] の順にタップします。

テストが完了すると、ネットワークが安全かどうか、また脅威が隠れている場合は、それが通知されます。

写真を PIN で保護する

写真保管庫 では、写真を PIN で保護できます。写真を保管庫へ移すと、暗号化されて隠されます。

  1. この機能にアクセスするには、(3 本の線)▸ [写真保管庫] の順にタップします。
  2. 右下隅にある +(プラス)をタップし、表示された中からいずれかのオプションを選択します。
    • 新しい写真を撮影:新しい写真を撮影すると、それが保管庫に自動的に追加されます。
    • ギャラリーからインポート:既存のギャラリーの写真を選択できます。

バッテリー パワーを節約する

パワー節約 では、デバイスのバッテリー残量が減りにくいように一連の設定を調整できます。Wi-Fi、同期、Bluetooth など、大量のバッテリーを消費することが多い機能の動作を指定します。バッテリーが長持ちするように画面設定を最適化することもできます。バッテリーの節約を手動でユーザー設定するか、既定の構成を利用します。

同じデバイスにアバスト バッテリー セーバー アプリもインストールしている場合、このアプリで節電オプションを管理します。

  1. (3 本の線)▸ [パワー節約] の順にタップします。
  2. [パワー節約を有効にする] をタップします。
  3. [今すぐ付与] をタップし、アバスト モバイル セキュリティのシステム設定権限を付与します。
  4. [パワー節約設定] をタップします。
  5. 一覧に表示されているオプションの有効 / 無効を切り替えることで、節電設定を自由に調整します。

望まない着信を拒否する

Google Play デベロッパー ポリシー センターと Android ポリシーにおける最近の変更によって、Android 8 以降を実行しているデバイス上のアバスト モバイル セキュリティでは、着信拒否機能を利用できなくなりました。

[着信拒否] では、[ブラックリスト] の電話番号からの着信がすべて拒否されます。着信を拒否すると、電話をかけた人は自動的にボイス メール サービスに送られます。ブラックリストに番号を追加する:

  1. (3 本の線)▸ [着信拒否] の順にタップします。
  2. プラス アイコンをタップし、ブラックリストに追加する番号を選択します。次の番号からの着信を拒否できます。
    • 未知の番号すべて
    • 非通知の番号すべて
    • アプリに手動入力した番号
    • 電話帳に含まれる特定の番号

[着信拒否] によって拒否された着信は、[着信拒否] のメイン画面の [履歴] タブに表示されます。

データの使用状況を監視する

[アプリ インサイト] では、データ使用に1 日当たりの推奨上限を設定したり、任意で、データ使用に関する情報を提供するアラートを表示するようにアバスト モバイル セキュリティを設定したりできます。

  1. (3 本の線)をタップし、[アプリ インサイト] を選択します。
  2. [今すぐ確認] をタップします。
  3. [データ] タブを選択します。
  4. [今すぐセットアップ] をタップします。
  5. データ パッケージに関する情報を入力すると、[推奨される 1 日の上限] が表示されます。[アクティベートする] をタップします。
  6. データ使用状況通知を設定するには、[データ使用状況のアラート] をタップします。
  7. [サイクル使用量が次の値に達したとき] をタップし、通知を始動させるデータ使用率を選択します。次に、スライダーをタップし、通知を有効にするか(オレンジ色)、無効にします(灰色)。

データ パッケージの情報はいつでも編集できます。アプリ インサイト画面の右上隅にある(3 つの点)をタップし、[設定] を選択します。

ファイアウォールでアプリのインターネット アクセスを管理する(root 化されたデバイスのみ)

[ファイアウォール] では、インストールされているアプリのインターネット アクセスを管理できます。

アバスト ファイアウォールroot 化されたデバイスでのみ機能します。ROM と修正 Linux コアを使用している場合、iptables がサポートされていることを確認します。あるいは、この機能がサポートされている状態でカーネルを再コンパイルします。ユーザーがログ記録を有効にしているとき、適用されているルールがすべてログに記録されます。ルール変更が適用されるたびにログがリセットされます。
  1. (3 本の線)▸ [ファイアウォール] の順にタップします。
  2. オフ スライダーをタップしてオン に切り替え、[許可] をタップしてデバイスへのアクセスをこの機能に許可します。
  3. ブロックするアプリを選択し、次のオプションから選択します。
    • すべてブロック:接続の種類に関係なく、アプリを完全にブロックします。
    • モバイル データをブロック:デバイスが Wi-Fi ネットワークに接続されていないときにのみ、アプリをブロックします。
一部のデバイスでは、Android モバイル データの上限が有効になっている場合、ファイアウォール は機能しないことがあります。この問題を解決するには、[ 設定] をタップし、[最高優先度を取る] の横にあるスライダーをタップしてオン に切り替えます。

アバスト モバイル セキュリティ設定を行う

アプリ の [設定] セクションで、アバスト モバイル セキュリティの設定をニーズに合わせて調整できます。

  1. (3 本の線)をタップし、[設定] までスクロールします。
  2. オプションをタップすると、さらにアクションが実行されます。
    • 通知とアラート:アプリから受け取る通知の種類を設定します。既定では、すべての通知がオンになっています。このアプリから完全な保護を受けるには、パーマネント通知が必須です。
    • 充電画面:バックグラウンド タスクをすべて停止することで、デバイスの充電時間を短くします。
    • プロテクション:自動スキャンをスケジュールし、追加の保護設定をオンにします。
    • 広告を無効化(アバスト モバイル セキュリティ プレミアムのみ):アプリを有料版にアップグレードすることで、サードパーティ広告を取り除きます。
    • PIN とパターンアプリのロック PIN/パターンを設定または変更します。
    • アプリのロックアプリのロック 機能でアプリをロックするタイミングを指定します。
    • データ使用状況:データ プランに関する情報を入力することで、データ使用状況を管理できます。アバスト モバイル セキュリティでは、この情報に基づき、推奨される 1 日の上限 が計算されます。
    • 更新:現在の ウイルス定義のバージョン を確認します。既定では、ウイルス定義はインターネットにアクセスするたびに更新されます。モバイル データを保護するには、Wi-Fi ネットワークに接続しているときにのみ、更新が行われるように Wi-Fi 接続中のみ更新 をオンにします。
    • 申込み(有料版のみ):アクティベーション コード とサブスクリプションの有効期限が表示されます。
    • 動作ログ:更新やスキャンなど、アプリで最近実行されたアクティビティの一覧が表示されます。
    • 個人のプライバシー匿名化された情報を共有するための優先項目を設定します。これは弊社がユーザーのニーズを理解したり、弊社製品を適宜改善したりするのに役立ちます。
    • 情報使用許諾条項など、アプリに関する情報を表示します。
  • アバスト モバイル セキュリティ 6.x
  • Google Android 5.0(Lollipop、API 21)以降

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ