アバスト アンチウイルス ファイアウォール - はじめに

ファイアウォールは、PC と外部との間のすべてのネットワーク トラフィックを監視し、不正な通信や侵入から保護します。この機能は、必要なユーザー入力を最小限にとどめるように設計されています。確実に保護するには、ファイアウォールはオンにしたままにして、要求された場合に、接続している各ネットワークに対して適切なファイアウォール プロファイルを選択してください。ファイアウォールは、アバスト プレミアム セキュリティアバスト オムニに搭載された機能です。

ファイアウォールを有効または無効にする

完全なセキュリティを確保するため、ファイアウォールはデフォルトで有効になっています。トラブルシューティングのために一時的に無効にする必要がない限り、ファイアウォールを常に有効にしておくことをおすすめします。ファイアウォールを一時的に無効にするには、次の手順を実行します。

[無期限停止] オプションを選択してファイアウォールを無期限に停止することはおすすめしません
  1. アバスト ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左側のメニューにある [プロテクション] タイルをクリックし、[ファイアウォール] を選択します。
  3. 緑色の(オン)スライダーをクリックし、時間を選択します。
  4. 表示されるダイアログで [OK] をクリックします。

ファイアウォールは一時的に無効になります。ファイアウォールを有効にするには、上記の手順 1 と 2 を実行し、スライダーをクリックして、赤色(オフ)から緑色(オン)に切り替えます。

ネットワーク プロファイルを定義する

この機能では、接続されているネットワークに基づいてネットワーク プロファイルを定義し、お使いの PC とウェブの間で行われるすべての通信を監視できます。ファイアウォールのメイン画面で、お使いの PC が接続されているネットワークがすべて [現在のネットワーク] 欄に表示されます。[ファイアウォール プロファイル] 欄で、ネットワークごとに適切なプロファイルを選択できます。ファイアウォールのネットワーク プロファイルを管理するには、次の手順を実行します。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左側のメニューにある [プロテクション] タイルをクリックし、[ファイアウォール] を選択します。
  3. [ファイアウォール プロファイル] 欄の スライダーをクリックして、接続されているネットワークごとに次のいずれかのプロファイルを選択します。
    • プライベート:お使いの PC が自宅や職場のネットワークなど、信頼できるネットワークに接続されている場合に適した、より低いレベルのセキュリティです。このプロファイルにより接続性が向上してネットワーク内のすべての通信が許可されます。
    • パブリック:PC がカフェや空港などの公共ネットワークに接続されている場合に適した、より高いレベルのセキュリティです。公共ネットワークはセキュリティ リスクが高いため、このプロファイルが選択されている場合はいかなる受信も許可されません。
    既知のネットワークにアクセスするたびに、アバストは以前に設定されたファイアウォール プロファイルを自動的に適用します。この画面でネットワーク ファイアウォール プロファイルを管理できますが、新規のネットワークに接続すると、毎回アバストから適切なプロファイルを選択するように指示されます。[パブリック] は、プロファイルが選択されていない場合のデフォルトのプロファイル設定です。

ネットワーク接続を管理する

[ネットワーク接続] 画面には、PC 上で実行中のアプリケーションやプロセスとの最近の受信通信と送信通信すべてに関する情報テーブルが表示されます。ネットワーク接続を利用するには、次の手順を実行します。

ファイアウォールのメイン画面に戻るには、[ネットワーク接続] 画面の右下隅にある [閉じる] をクリックします。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左側のメニューにある [プロテクション] タイルをクリックし、[ファイアウォール] を選択します。
  3. [ネットワーク接続] をクリックします。
  4. [ネットワーク接続] テーブルでは、以下の処理を実行できます。
    • 各接続の情報の表示方法を変更するには、テーブルの上にあるボックスにチェック マークを入れます。
    • 接続を右クリックして、アプリケーションおよびパケット ルールを表示するか、接続を完全に停止します。
    • 接続をクリックしてテーブルの下部で [ファイルの詳細] を選択し、アプリケーション、プロセス、選択した接続の詳細を確認します。

ファイアウォール ログを表示する

[ファイアウォール ログ] 画面には、ファイアウォールのアクティビティ履歴の全記録が表示されます。特定のアクティビティが表示されるようにテーブルを設定したり、特定の条件でテーブルを検索したりできます。ファイアウォール ログを利用するには、次の手順を実行します。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左側のメニューにある [プロテクション] タイルをクリックし、[ファイアウォール] を選択します。
  3. [ファイアウォール ログ] をクリックします。
  4. 次のツールを使用して、[ファイアウォール ログ] テーブルを検索します。
    • [次のログを表示する:] の横にあるドロップダウン メニューをクリックしてアクティビティの種類を選択し、[ブロックされたトラフィック] または [ルール] のどちらかをテーブルに表示します。
    • [表示するログの期間:] の横で、時間範囲と単位を定義して、特定の期間内のアクティビティを表示しします。
    • [フィルタ:] の横にあるボックスにチェック マークを入れて、該当する検索フィールドに検索対象を入力します。各検索フィールドは、その直下の列に対応しています。
    • [以下より古いログを削除:] の横で、時間範囲と単位を定義して、選択されたログ ファイルを削除します。

[再スキャン] をクリックすると、定義された基準を使用してログが更新されます。ファイアウォールのメイン画面に戻るには、[ファイアウォール ログ] の右下隅にある [閉じる] をクリックします。

アプリケーション ルール

ファイアウォールはアプリケーションまたはプロセスが初めて起動するたびにルールを作成します。このようなルールはインターネットまたは別のネットワークに接続するときに、ファイアウォールが各アプリケーションまたはプロセスに対してどのように動作するかを決定します。個々のアプリケーションに対して接続許可を設定して、ファイアウォールが受信通信や送信通信をどの程度厳格に監視するかを決定できます。ただし、どうしても必要な場合は [アプリケーション ルール] のみ変更することをおすすめします。通常、ファイアウォールはユーザー入力なしにルールを最適化できます。アプリケーション ルールを利用するには、次の手順を実行します。

  1. アバスト ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左側のメニューにある [プロテクション] タイルをクリックし、[ファイアウォール] を選択します。
  3. [最近ファイアウォールによって管理されたアプリ] セクションにあるアプリを選択し、[アプリケーション設定] をクリックします。
  4. [アプリケーション ルール] 画面で、以下のオプションを管理します。
    • メーカー名ごとにアプリケーション ルールを整理する
    • アクセス制限を調整する
    • 承認されていない接続に対するアクションを設定する
    • 承認されたポートを指定する
    • パケット ルールにアクセスする

アプリケーション ルールの詳細については、次の記事を参照してください。

ファイアウォールに関する高度な知識がある場合にのみ、これらの設定を変更することをおすすめします。

その他のファイアウォール設定

上級ユーザーは、[ メニュー] ▸ [設定] ▸ [プロテクション] ▸ [ファイアウォール] の順に移動して、その他のファイアウォール設定を追加できます。次の設定を利用できます。

  • ファイアウォールを無効にする:ファイアウォール設定画面の上部にある緑色の(オン)スライダーをクリックして、時間を選択します。[無期限停止] オプションはおすすめしません。
  • 新規作成した「許可」ルールに関する通知を表示:この設定の横にあるボックスにチェック マークを入れると、新しい通信パスを許可またはブロックするときに通知を表示します。
  • インターネット接続共有モード:信頼しているユーザーに、お使いの PC を経由したインターネットへの接続を許可する、または PC を経由してインターネットに接続されているプリンターなどのデバイスの問題の修正を許可します。
  • 自動ポート スキャン検知を有効にする:ファイアウォールによるポート スキャンの試行の検出を許可します。
  • ルールが定義されていないプログラムに対する処理:ドロップダウン メニューを使用して、新しい通信パスを検出したときにファイアウォールが行う処理を定義します。
  • システム ルール:このボタンをクリックすると、あらかじめ定義された個々のシステム ルールを設定できます。
  • パケット ルール:このボタンをクリックすると、接続タイプに応じて通信設定を行うことができます。
  • ネットワーク プロファイル一覧::個々のネットワーク パネルにあるドロップダウン メニューを使用して、ネットワーク プロファイルを設定します。
ファイアウォールに関する高度な知識がある場合にのみ、システムおよびパケット ルールを変更することをおすすめします。ほとんどの場合、ファイアウォールは適切なファイアウォール保護を提供するように設定済みです。

追加情報

[ファイアウォール] の詳細については、次の記事を参照してください。

  • アバスト プレミアム セキュリティ 19.x
  • アバスト オムニ 1.x
  • アバスト プレミア 19.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 19.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ