実際の所在地が隠されていることを確認する

セキュアライン VPN では、実際の IP アドレスを隠すことでユーザーの所在地を偽装できます。このため、ウェブサイトやサーバーに実際の所在地を追跡されることを防止できます。セキュアライン VPN の使用時、実際の所在地が隠されていることは次の手順で確認できます。

次の手順に従う前に、セキュアライン VPN で VPN に接続されていることを確認してください。

自分の IP アドレスを確認する

セキュアライン VPN に接続すると、仮想 IP アドレスが表示されます。自分の IP アドレスと所在地が変更されていることは、次の手順で確認します。

  1. Windows スタート アイコンをクリックして「cmd」と入力し、検索結果から [コマンド プロンプト] を選択します。
  2. [コマンド プロンプト] ウィンドウに「nslookup myip.opendns.com. resolver1.opendns.com」と入力し、Enter を押します。
  3. [コマンド プロンプト] ウィンドウに表示された 2 つ目の IP アドレスは、セキュアライン VPN に表示された仮想 IP アドレスと一致するはずです。
  1. メニュー バーで [移動] ▸ [ユーティリティ] の順に選択し、[ターミナル] を開きます。
  2. [ターミナル] ウィンドウに「nslookup myip.opendns.com. resolver1.opendns.com」と入力し、[Enter] を押します。
  3. [コマンド プロンプト] ウィンドウに表示された 2 つ目の IP アドレスは、セキュアライン VPN に表示された仮想 IP アドレスと一致するはずです。

VPN に接続されているが、実際の IP アドレスが表示されている場合は、[接続先を変更する] をクリックして別の場所を選択し、別のサーバーに接続してみてください。問題が解決しない場合は、アバスト サポートにお問い合わせください。

位置情報サービスを無効にする

一部のウェブサイトやサーバーでは、ユーザーが VPN を利用している場合でも、位置追跡機能を使用してユーザーの所在地を特定します。これを止めるには、お使いのデバイスで位置情報サービスを無効にし、VPN の利用時に実際の所在地が非表示になるようにする必要があります。

  1. Windows スタート アイコンをクリックし、[ 設定] を選択します。
  2. [プライバシー] アイコンをクリックし、左側のパネルで [位置情報] を選択します。
  3. [位置情報サービス] の下でスライダーをクリックし、[オン] を [オフ] に変更します。
  1. メニュー バーの [Apple] アイコンをクリックし、[システム環境設定...] を選択します。
  2. [セキュリティとプライバシー] を開きます。
  3. [プライバシー] タブを選択します。
  4. 左下隅にあるアイコンがロックされている場合、それをクリックして管理者パスワードで認証を受け、プライバシー タブのロックを解除します。
  5. [位置情報サービスを有効にする] の横にあるボックスのチェックを外します。

デバイスで VPN に接続し、位置情報サービスを無効にしても位置が追跡される場合は、匿名 / プライベート閲覧モードの使用が推奨されます。

匿名 / プライベート閲覧モードを使用する

ほとんどのウェブ ブラウザーには匿名 / プライベート閲覧モードがあり、Cookie、インターネット一時ファイル(キャッシュ)、閲覧履歴など、実際の所在地の追跡に利用される可能性がある足跡をデバイスに残さずにウェブを閲覧できます。ほとんどの場合、匿名 / プライベート閲覧モードを使用することで、他の方法では解決されない位置情報追跡問題が解決されます。

ご利用のブラウザーを開き、以下の手順に従います。

  • アバスト セキュア ブラウザ:⋮ メニュー(3 つの点)▸ 新しい [ステルス モード] ウィンドウの順に進みます。
  • Google Chrome:⋮ メニュー(3 つの点)▸ [シークレット ウィンドウを開く] の順に進みます。
  • Mozilla Firefox:⋮ メニュー(3 つの点)▸ [新しいプライベート ウィンドウ] の順に進みます。
  • Microsoft Edge:⋮ 設定(3 つの点)▸ [新しい InPrivate ウィンドウ] の順に進みます。
  • Opera:[メニュー](Opera アイコン)▸ [新しいプライベート ウィンドウ] の順に進みます。
  • Safari:メニュー バーの [ファイル] をクリックし、[新しいプライベート ウィンドウ] を選択します。

特定のウェブ ページで問題が解消されない場合は、ブラウザーの位置情報設定を変えたりキャッシュと Cookie を消去したりJava と Flash のキャッシュを消去したりしてみてください。

ブラウザーの位置情報設定を変更する

  1. アバスト セキュア ブラウザを開き、⋮ メニュー(3 つの点)▸ [設定] の順に進みます。
  2. 下にスクロールして [詳細] をクリックし、[プライバシーとセキュリティ] 設定を表示します。
  3. [サイトの設定]、[場所] の順にクリックします。
  4. スライダーをクリックし、緑色から灰色の [ブロック済み] に変えます。これですべてのサイトで位置情報要求が自動的に拒否されるようになります。
  1. Google Chrome を開き、⋮ メニュー(3 つの点)▸ [設定] の順に進みます。
  2. 下にスクロールして [詳細] をクリックし、[プライバシーとセキュリティ] 設定を表示します。
  3. [サイトの設定]、[位置情報] の順にクリックします。
  4. スライダーをクリックし、青色から灰色の [ブロック済み] に変えます。これですべてのサイトで位置情報要求が自動的に拒否されるようになります。

Mozilla Firefox では、ウェブサイトがユーザーの位置データにアクセスしようとすると、ユーザーの許可が求められます。この機能は次の手順で完全に無効にできます。

  1. Mozilla Firefox を開き、アドレス バーに「about:config」と入力し、Enter を押します。
  2. 警告メッセージが表示されます。[危険を理解した上で接続します] をクリックします。
  3. アドレス バーの下にある [検索] バーに「geo.enabled」と入力します。
  4. geo.enabled 設定をダブルクリックし、値を [true] から [false] に変更します。これで位置を認識するブラウジングが無効になりました。

既定では、Microsoft Edge の位置情報設定は無効になっています。この設定は次の手順で確認します。

  1. Windows の [スタート] アイコンをクリックし、[設定] を選択します。
  2. [プライバシー] アイコンをクリックし、左側のパネルで [位置情報] を選択します。
  3. 下にスクロールし、[詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ] セクションを表示します。
  4. [Microsoft Edge] の横にあるスライダーが [オフ] に設定されていることを確認します。
  1. Opera を開き、[メニュー](Opera アイコン)▸ [設定] の順に進みます。
  2. [詳細] ▸ [プライバシーとセキュリティ] の順にクリックします。
  3. [コンテンツ設定]、[場所] の順にクリックします。
  4. スライダーをクリックし、青色から灰色に変えます。これですべてのサイトで位置情報要求が自動的に拒否されるようになります。
  1. Safari を開き、メニュー バーに進み、[Safari] ▸ [環境設定] の順に選択します。
  2. [プライバシー] タブを選択します。
  3. [サイト越えトラッキングを防ぐ ] と [トラッキングの停止を要求] の横にあるボックスがチェックされていることを確認します。

キャッシュと Cookie を削除する

  1. アバスト セキュア ブラウザを開き、⋮ メニュー(3 つの点)▸ [設定] の順に進みます。
  2. 下にスクロールして [詳細] をクリックし、[プライバシーとセキュリティ] 設定を表示します。
  3. [プライバシー クリーナー] をクリックします。
  4. [詳細] タブを選択し、下向き矢印で [時間範囲] を [常時] に変更します。
  5. 次の項目が選択されていることを確認します。
    • 閲覧履歴
    • ダウンロード履歴
    • Cookie とその他のサイト データ
    • キャッシュされた画像とファイル
  6. [データを削除] をクリックします。
  1. Google Chrome を開き、⋮ メニュー(3 つの点)▸ [設定] の順に進みます。
  2. 下にスクロールして [詳細] をクリックし、[プライバシーとセキュリティ] 設定を表示します。
  3. [閲覧履歴データの削除] をクリックします。
  4. [詳細] タブを選択し、下向き矢印で [時間範囲] を [常時] に変更します。
  5. 次の項目が選択されていることを確認します。
    • 閲覧履歴
    • ダウンロード履歴
    • Cookie とその他のサイト データ
    • キャッシュされた画像とファイル
  6. [データを削除] をクリックします。
  1. Mozilla Firefox を開き、☰ Menu(3 本の線)▸ [オプション] の順に進みます。
  2. 左側のパネルにある [プライバシーとセキュリティ] を選択します。
  3.  
  4. [Cookie とサイト データ] セクションで、[データを消去...] をクリックします。
  5. [Cookie とサイト データ] と [キャッシュされたウェブ コンテンツ] の横にあるボックスにチェックを入れ、[消去] をクリックします。
  6. [履歴] セクションで、[履歴を消去] をクリックします。
  7. ドロップダウン メニューを利用し、[消去する時間範囲] を選択します。
  8. 次のオプションが選択されていることを確認します。
    • 閲覧履歴とダウンロード履歴
    • Cookie
    • キャッシュ
    • オフライン ウェブサイト データ
    • サイトの環境設定
  9. [今すぐ消去] をクリックします。
  1. Microsoft Edge を開き、… メニュー(3 つの点)▸ [設定] の順に進みます。
  2. [閲覧データのクリア] の下で [クリアするデータの選択] をクリックします。
  3. 次のオプションが選択されていることを確認します。
    • 閲覧履歴
    • Cookie と保存済みの ウェブサイト データ
    • キャッシュされたデータとファイル
    • ダウンロード履歴
  4. [クリア] をクリックします。
  1. Opera を開き、[メニュー](Opera アイコン)▸ [設定] の順に進みます。
  2. [詳細] ▸ [プライバシーとセキュリティ] の順にクリックします。
  3. [閲覧履歴データの削除] をクリックします。
  4. [詳細] タブを選択し、下向き矢印で [時間範囲] を [常時] に変更します。
  5. 次の項目が選択されていることを確認します。
    • 閲覧履歴
    • ダウンロード履歴
    • Cookie とその他のサイト データ
    • キャッシュされた画像とファイル
  6. [データを削除] をクリックします。
  1. Safari を開き、メニュー バーで [Safari] ▸ [履歴を消去] の順に進みます。
  2. [消去の対象] の横にあるメニューをクリックし、[すべての履歴] を選択します。
  3. [履歴を消去] をクリックします。
iCloud を使用してブラウザー データを同期する場合、上記の手順では、iCloud と、他のコンピューターとデバイスにインストールされているすべての Safari ブラウザーからも履歴データが削除されます。

Java および Flash のキャッシュを消去する

Java と Flash のキャッシュは別々に保存されます。Java プラグイン キャッシュと Adobe Flash キャッシュを消去すると、ブラウザーは最新版のウェブ ページとプログラムを読み込みます。それにより、実際の所在地の足跡はすべて削除されます。

Java のキャッシュを消去する

  1. [スタート] ▸ [コントロール パネル] の順に進みます。
  2. [プログラム] をクリックします。
  3. Java アイコンをダブルクリックし、Java コントロール パネルを開きます。
  4. [インターネット一時ファイル] の下にある [設定] をクリックし、[ファイルの削除] をクリックします。
  5. [トレースおよびログ ファイル] と [キャッシュされたアプリケーションおよびアプレット] の横にあるボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  6. [一時ファイルの設定] ウィンドウで [OK] をクリックします。
  7. [Java コントロール パネル] ウィンドウで、[適用] をクリックすると、すべての変更が保存されます。

手順の詳細については、次の記事を参照してください。

Adobe Flash のキャッシュを消去する

  1. 下のリンクをクリックし、Flash Player Settings Manager を開きます。
  2. [ウェブサイト ストレージ設定] パネルを表示し、[すべてのサイトを削除] をクリックします。
  3. [確定] をクリックします。

Java のキャッシュを消去する

  1. メニュー バーの [Apple] アイコンをクリックし、[システム環境設定...] を選択します。
  2. Java アイコンをクリックし、Java コントロール パネルを開きます。
  3. [インターネット一時ファイル] の下にある [設定] をクリックし、[ファイルの削除] をクリックします。
  4. [トレースおよびログ ファイル] と [キャッシュされたアプリケーションおよびアプレット] の横にあるボックスにチェックを入れ、[OK] をクリックします。
  5. [一時ファイルの設定] ウィンドウで [OK] をクリックします。
  6. [Java コントロール パネル] ウィンドウで、[適用] をクリックすると、すべての変更が保存されます。

Adobe Flash のキャッシュを消去する

  1. メニュー バーの [Apple] アイコンをクリックし、[システム環境設定...] を選択します。
  2. Flash Player アイコンをクリックし、Flash Player コントロール パネルを開きます。
  3. [詳細] タブを選択し、[閲覧データと設定] の下で [すべて削除...] をクリックします。
  4. [すべてのデータと設定を削除] のみが選択されていることを確認し、[データを削除] をクリックします。
  5. [Flash Player] ウィンドウと [システム環境設定] ウィンドウを閉じ、ブラウザーを再起動します。
  • アバスト セキュアライン VPN 5.x Windows 版
  • アバスト セキュアライン VPN 3.x Mac 版
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
     
  • Apple macOS 10.14.x(Mojave)
  • Apple macOS 10.13.x(High Sierra)
  • Apple macOS 10.12.x(Sierra)
  • Apple Mac OS X 10.11.x(El Capitan)
  • Apple Mac OS X 10.10.x(Yosemite)

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ