ファイアウォール - よくある質問

一般

ファイアウォールとは?

[ファイアウォール] は、PC と外部との間のすべてのネットワーク トラフィックを監視し、不正な通信や侵入から保護します。この機能では、必要なユーザー入力を最小限にとどめるように設計されています。確実に保護するには、ファイアウォールを有効にしたままにして、要求された場合に、接続している各ネットワークに対して適切なファイアウォール プロファイルを選択してください。

ファイアウォールを無効にするにはどうすればよいですか?

完全なセキュリティを確保するため、ファイアウォールはデフォルトで有効になっています。トラブルシューティングのために一時的に無効にする必要がない限り、ファイアウォールを常に有効にしておくことをおすすめします。

ファイアウォールを無効にするには、次の手順を実行します。

  1. アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左のパネルで [プロテクション] をクリックします。
  3. [ファイアウォール] タイルを選択します。
  4. 緑色の(オン)スライダーをクリックし、リストにある時間を選択します。
[無期限停止] オプションを選択してファイアウォールを無期限に停止することはおすすめしません

スライダーが赤色(オフ)になり、選択した時間内はファイアウォールが無効になります。

ファイアウォールを有効にするにはどうすればよいですか?

完全なセキュリティを確保するため、ファイアウォールはデフォルトで有効になっています。トラブルシューティングのために一時的に無効にする必要がない限り、ファイアウォールを常に有効にしておくことをおすすめします。

ファイアウォールを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開きます。
  2. 左のパネルで [プロテクション] をクリックします。
  3. [ファイアウォール] タイルを選択します。
  4. 赤色の(オフ)スライダーをクリックして緑色(オン)に切り替えます。

ファイアウォールが有効になり、PC が保護されます。

ファイアウォール プロファイルを管理するにはどうすればよいですか?

アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ファイアウォール] の順にクリックして、ファイアウォールのメイン画面にアクセスします。

接続している各ネットワークは [現在のネットワーク] という見出しの下に表示されます。[ファイアウォール プロファイル] 欄で、ネットワークごとに適切なプロファイルを選択できます。

  • 私設ネットワーク:お使いの PC が自宅や職場のネットワークなど、信頼できるネットワークに接続されている場合に適した、より低いレベルのセキュリティです。このプロファイルにより接続性が向上してネットワーク内のすべての通信が許可されます。
  • 公衆ネットワーク:PC がカフェや空港などの公共ネットワークに接続されている場合に適した、より高いレベルのセキュリティです。公共ネットワークはセキュリティ リスクが高いため、このプロファイルが設定されている場合はいかなる受信も許可されません。
既知のネットワークにアクセスするたびに、アバストは以前に設定されたファイアウォール プロファイルを自動的に適用します。この画面でネットワーク ファイアウォール プロファイルを管理できますが、新規のネットワークに接続すると、毎回アバストから適切なプロファイルを選択するように指示されます。プロファイルが選択されていない場合のデフォルトのプロファイル設定は [パブリック] です。

最近のファイアウォール アクティビティを確認するにはどうすればよいですか?

アバスト アンチウイルスのファイアウォールのメイン画面にある [最近ファイアウォールによって管理されたアプリ] で、最近、ファイアウォールにより PC との通信が許可またはブロックされたシステム アプリとそれ以外のアプリを確認できます。ほとんどのユーザーにとって、これらの詳細は参考情報にすぎません。

プライベート ネットワークに接続しているときは、ファイアウォールの制限は少なくてよいため、ほとんどのアプリが [すべて許可] となります。パブリック ネットワークに接続しているときは、保護レベルが高いためにより多くのアプリが [すべてブロック] となります。プライベート ネットワークに接続しているときにアプリがブロックされた場合、不審な通信の試みがファイアウォールによって検出されブロックされたことを意味します。ユーザーのアクションは必要ありません。

ファイアウォールは無料の機能ですか?

いいえ。ファイアウォールはアバスト プレミアム セキュリティ および アバスト オムニでのみ利用できる機能です。

設定

ネットワーク接続とは?

[ネットワーク接続] 画面には、PC 上で実行中のアプリケーションやプロセスとの最近の受信通信と送信通信すべてに関する情報テーブルが表示されます。

ネットワーク接続を利用するには、アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ファイアウォール] ▸ [ネットワーク接続] の順に移動します。このテーブルでは、以下の処理を実行できます。

  • 各接続の情報の表示方法を変更するには、テーブルの上にあるボックスにチェック マークを入れます。
  • 接続を右クリックして、アプリケーションおよびパケット ルールを表示するか、接続を完全に停止します。
  • 接続をクリックしてテーブルの下部に [ファイルの詳細] を表示し、アプリケーション、プロセス、選択した接続の詳細を確認します。

ファイアウォール ログとは?

[ファイアウォール ログ] 画面には、ファイアウォールのアクティビティ履歴の記録が表示されます。

ファイアウォール ログを利用するには、アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ファイアウォール] ▸ [ファイアウォール ログ] の順に移動します。[次のログを表示する] の横にあるドロップダウン メニューを使用して、表示するアクティビティのカテゴリを以下から選択します。

  • ブロックされたトラフィックファイアウォール ポリシーまたはアプリケーション ルールのルールに従ってブロックされた接続。
  • ルール:接続を許可またはブロックするためのルールの自動作成など、その他のファイアウォール処理。

この画面では、[表示するログの期間:] の横で時間範囲と単位を定義するか、[フィルタ:] の横にあるボックスにチェック マークを入れて該当する検索フィールドに検索対象を入力することで、アクティビティの種類(ブロックされたトラフィックまたはルール)における特定のアクティビティを検索することもできます。[再スキャン] をクリックすると、定義された基準を使用してログが更新されます。

アプリケーション ルールとは?

ファイアウォールはアプリケーションまたはプロセスが初めて起動するたびにルールを作成します。このようなルールはインターネットまたは別のネットワークに接続するときに、ファイアウォールが各アプリケーションまたはプロセスに対してどのように動作するかを決定します。個々のアプリケーションに対して接続許可を設定して、ファイアウォールが受信通信や送信通信をどの程度厳格に監視するかを決定できます。ただし、どうしても必要な場合は [アプリケーション ルール] のみ変更することをおすすめします。通常、ファイアウォールはユーザー入力なしにルールを最適化できます。

アプリケーション ルールを設定するには、アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [ファイアウォール] ▸ [アプリケーション設定] の順に移動します。[アプリケーション] 欄でグループ(またはメーカー名)をクリックし、[許可した接続] 欄でオレンジ色のバーを使用して許可レベルを設定します。

  • 1 本のバー:(友人への送信):友人ネットワークとの送信接続のみ。
  • 2 本のバー:(友人との送受信):友人ネットワークとの送受信接続のみ。
  • 3 本のバー:(インターネットへの送信):インターネットへのすべての送信接続。
  • 4 本のバー:(友人からの受信とインターネットへの送信):友人ネットワークからのみの受信接続とインターネットへのすべての送信接続。
  • 5 本のバー:(すべての接続):インターネットへのすべての送受信接続。
  • アプリケーションに対して [全ての接続を遮断する] するには、オレンジ色のバーの上にカーソルを置き、表示される赤色の ブロック記号をクリックします。
友人」として表されるネットワークとは、現在のネットワーク外のネットワークで、ファイアウォールによって信頼できるとみなされるネットワークです。これらのネットワークは自動的に特定され、現在の [ネットワーク プロファイル] が [プライベート] に設定されているとき、デフォルトのファイアウォールの制限から除外されます。ファイアウォールが [パブリック] プロファイルに設定されているとき、デフォルトのより高いレベルのセキュリティが、「友人」ネットワークを含むすべてのネットワークに適用されます。

アバスト アンチウイルスでのアプリケーション ルールの管理の詳細については、次の記事を参照してください。

パケット ルールとは?

[パケット ルール] 画面では、ネットワーク パケットに含まれている情報に従ってネットワーク トラフィックが許可またはブロックされるかどうかを制御するファイアウォール ルールを表示および管理できます。この情報には、ネットワーク プロトコル、送信元または宛先 IP アドレス、ローカル ポートとリモート ポートが含まれます。ファイアウォールではパケット ルールを使用して、指定された接続パラメータを使用するネットワーク トラフィックが制御されるのに対し、アプリケーション ルールではプログラムまたはサービスの個々のルールに従ってトラフィックのみが制御されます。

ファイアウォールに関する高度な知識がある場合にのみ、パケット ルールを変更することをおすすめします。ほとんどの場合、ファイアウォールは適切なファイアウォール保護を提供するように設定済みです。

パケット ルールを管理するには、アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[ メニュー] ▸ [設定] ▸ [プロテクション] ▸ [ファイアウォール] ▸ [パケット ルール] の順に移動します。

システム ルールとは?

システムルールは、特定のシステム機能に関連する最も一般的な接続タイプのネットワーク トラフィックを制御する一連のファイアウォール ルールです。[システム ルール] 画面での設定変更は、[パケット ルール] で設定したルールに直接影響します。システム ルールを変更すると、その変更が複数のパケット ルールに影響する場合があります。

ファイアウォールに関する高度な知識がある場合、または一時的なトラブルシューティングの目的でのみ、システム ルールを変更することをおすすめします。ほとんどの場合、ファイアウォールは適切な保護を提供するように設定済みです。

システム ルールを管理するには、アバスト アンチウイルス ユーザー インターフェースを開き、[ メニュー] ▸ [設定] ▸ [プロテクション] ▸ [ファイアウォール] ▸ [システム ルール] の順に移動します。

  • アバスト プレミアム セキュリティ 19.x
  • アバスト オムニ 1.x
  • アバスト プレミア 19.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 19.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ