アバスト クリーンアップ Android 版 - はじめに

アバスト クリーンアップ Android 版は、不要なメディア、ファイル、アプリ、アプリ データを削除することで、お使いのデバイスのパフォーマンスを向上させ、ストレージ領域を保持するのに役立つモバイル アプリです。これらのアイテムを削除するには、クラウド ストレージに移動するか、デバイスから削除します。写真を最適化して領域を節約することもできます。

この記事では、最新バージョンのアバスト クリーンアップがインストールされ、Android デバイスで使用できる状態であることを前提としています。アプリをインストールして初期設定を実行する詳しい手順については、次の記事を参照してください。

アバスト クリーンアップ インターフェースに移動する

デバイスのホーム画面で [アバスト クリーンアップ] アイコンをタップしてアプリを開きます。

メイン画面は、クイック クリーン ボタン、メイン オプションを表す 4 つのタイル、 メニュー ボタン(3 本の線)で構成されています。

これらのオプションを使用すると、以下のアクションを実行できます。

  • クイック クリーン:不要なファイルを削除して、ストレージ領域を解放できます。アバスト クリーンアップ プロユーザーは、さらに自動クリーニングを有効にできます。これにより、手動で有効にしなくても、通常のクイック クリーンが自動的に実行されます。
  • メモリをブースト:アプリを休止状態にしてメモリを解放し、パフォーマンスを向上させることができます。
  • ヒント:デバイスの領域を解放するヒントを提供します。
  • メディア:デバイスに保存されているメディア(写真、動画、オーディオなど)の概要を表示します。ピクセル サイズを小さくすることで写真を最適化して、領域を節約することもできます。この機能は、追加のストレージ領域をデバイスに作成するために削除できるメディアも表示します。
  • アプリ:使用したことのないアプリ、ほとんど使用しないアプリ、大量のストレージを占有するアプリのアンインストールなど、アプリの使用状況に関連したヒントを提供します。

アプリのメイン画面から、左上隅にある [ メニュー](3 本の線)をタップして、デバイス上のアプリ、ファイル、メディアに簡単にアクセスして管理できます。また、接続されたクラウド サービスの管理やアプリの設定を行うこともできます。

クイック クリーンを実行する

クイック クリーンは、不要なファイルを削除してストレージ領域を解放することで、デバイスをクリーニングします。クリーニングする前に削除するアイテム タイプを選択できます。

  1. [クイック クリーン] ボタンをタップします。
  2. [クイック クリーニング チェック] で、クリーニングするアイテム タイプにチェック マークを入れます。アイテム タイプは 2 つのセクションに分かれています(デバイスに保存されているデータ タイプに応じて、1 つまたは両方のセクションが表示されます)。
    • 安全にクリーニング可能:サムネイル、APK、残留ファイル、キャッシュ(表示または非表示、共有状態)など、削除しても構わないことを確認するよう厳選されたデータ。[サムネイル] を除くすべてのカテゴリは、デフォルトで [クリーニングしても安全] としてチェック マークが入っています。
    • ユーザーの判断が必要:ユーザーによって重要度が異なるデータ。このグループに含まれるアイテムを確認し、削除しても構わないアイテムにのみ削除対象のチェック マークを入れることをおすすめします。どのアイテムもデフォルトでは削除対象のチェック マークが外れており、ユーザーが手動で削除対象に選択しない限り削除されることはありません。
  3. [クリーニングを完了] をタップして、選択したアイテムを削除します。
[クイック クリーニング チェック] 画面から、自動クリーニングを有効または無効にすることもできます。

デバイスのメモリを増やす

メモリをブースト機能は、バックグラウンドで実行中のアプリを停止し、他のタスクのためにメモリを解放します。

  1. [メモリをブースト] タイルをタップします。
  2. 停止するアプリにチェック マークを入れてから、[アプリを休止状態にする](または、アバスト クリーンアップにアプリを休止状態にする権限がない場合は [アプリを強制終了])をタップします。
デバイス設定で、アバスト クリーンアップがアプリを休止状態にすることを許可する必要があります。初期設定中に、この権限をアバスト クリーンアップに付与するよう求められます。初期設定をスキップした場合は、[アプリを強制終了] をタップし、結果画面から [権限を付与] を選択してから、画面の指示に従って、アバスト クリーンアップがアプリを休止状態にすることを許可します。
  1. 戻る矢印をタップしてアプリのメイン画面に戻ります。

デバイスに保存されているファイルとメディアを管理する

メディア機能を使用すると、デバイスに保存されているビデオ写真オーディオを簡単に表示および管理できます。

  1. [メディア] タイルをタップします。
  2. [メディアの概要] 画面から次のオプションが利用可能です。
    • 概要グラフビデオ写真オーディオによって占有されているデバイス領域の割合を表示します。カテゴリをタップして、個々のアイテムを表示および管理します。
    • 写真分析:画像を削除するか、クラウド ストレージに送信することで、簡単にデバイスから不要な写真を削除できます。カテゴリをタップして、個々のアイテムを表示および管理します。特に大きなカテゴリは赤でマークされています。
    • 最適化可能:デバイス上の最適化可能な画像を識別します。画像品質に目だった遜色を与えないまま領域を節約できる最適な画像にサイズ変更が可能です。画像をタップして、個々のアイテムを表示し扱います。
    • フォルダー:デバイス上のフォルダーの概要を表示します。フォルダーはサイズ順に配置され、特に大きなフォルダーは赤でマークされています。任意のフォルダーをタップしてその内容を表示し扱うか、[すべて表示] をタップして追加のフォルダーにアクセスします。
    • 大容量の動画:デバイスに保存されている 20MB を超える動画を識別し、それらを削除してストレージを解放できます。画像をタップして、個々のアイテムを表示し扱います。

写真を最適化する

アバスト クリーンアップを使用すると、画像を最適化して領域を節約できます。デバイスの画面と同じサイズの画像(スクリーンショットなど)は最適化できません。写真を最適化するには、次の手順に従います。

  1. アプリのメイン画面で [メディア] タイルをタップします。
  2. 下にスクロールし、[最適化可能] パネルをタップします。
  3. デフォルトでは、最適化可能なすべての画像が選択されています。必要に応じて、[すべて選択解除] をタップし、最適化する画像を手動で選択します。次に、画面下部にある [最適化] ボタンをタップします。
  4. デバイスから元の画像を完全に削除するには、[元のファイルを削除] を選択します。または、以下の関連オプションを使用して、元の画像をクラウド ストレージに送信します。
    • アカウント名:1 つまたは複数のクラウド ストレージ アカウントに接続済みの場合は、接続しているクラウド ストレージ アカウントの名前をタップします。すぐに最適化が開始され、元の画像が接続済みのクラウド ストレージ アカウントに送信されます。
    • クラウド ストレージと接続:このオプションは、アバスト クリーンアップがまだクラウド ストレージ アカウントに接続されていない場合に表示されます。[クラウド ストレージと接続] をタップして [クラウド サービス] 画面を開き、クラウド ストレージ アカウントに接続できます。
  5. 最適化が完了したら、戻る矢印をタップしてアプリのメイン画面に戻ります。

デバイスから不要な写真を削除する

写真の最適化に加えて、アバスト クリーンアップでは、デバイスから削除できる画像を特定することでストレージ領域を解放することもできます。

  1. アプリのメイン画面で [メディア] タイルをタップします。
  2. [写真分析] まで下にスクロールします。写真のカテゴリをタップして、その内容を確認します。
    • 「似ている写真」:同様の写真グループをスキャンし、各グループで最高品質の写真をマークします。
    • 「不良な写真」:ぼやけた、暗い、または低品質の写真をスキャンします。
    • 機密性の高い写真:非公開または機密である可能性がある、ソーシャル アプリで送受信された画像をスキャンします。
    • 古い写真:潜在的に不要な古い写真をスキャンします。
  3. デフォルトでは、すべての写真が選択解除されています。[全てを選択] をタップするか、削除する画像に個別にチェック マークを入れます。
  4. 関連オプションを選択します。
    • 「似ている写真」「不良な写真」:[写真を削除] を選択して、選択した写真をデバイスから完全に削除します。
    • 機密性の高い写真古い写真 アイコン(3 つのドット)をタップし、次のオプションのいずれかを選択します。
      • サイズを最適化:選択した写真のサイズを変更して、デバイス上の領域を節約します。元の画像は削除するか、クラウド ストレージに送信できます。アバスト クリーンアップがまだクラウド ストレージ アカウントに接続されていない場合は、[クラウド ストレージと接続] をタップして [クラウド サービス] 画面を開き、クラウド ストレージ アカウントにサインインします。
      • クラウドに移動:選択した写真を接続済みのクラウド ストレージ アカウントに送信します。複数のクラウド ストレージ アカウントに接続している場合は、最初にアカウントを選択するよう求められます。接続済みのアカウントは、[クラウド サービス] 画面で管理できます。
      • クラウドに接続:アバスト クリーンアップがまだクラウド ストレージ アカウントに接続されていない場合は、[クラウドに接続] をタップして [クラウド サービス] 画面を開き、クラウド ストレージ アカウントにサインインすると、選択した写真をクラウド ストレージ アカウントに送信できるようになります。
      • デバイスから削除:選択した写真をデバイスから完全に削除します。
  5. 戻る矢印をタップして、追加の写真グループを消去します。
[ メニュー](3 本の線)▸ [画像] から、デバイスに保存されている写真を管理することもできます。

アプリを分析して管理する

アプリ機能は、インストールされているアプリを分析し、使用状況とサイズに関するデータを提供します。この機能はさらに、ユーザーがアプリを使用する頻度を分析し、バックグラウンドで実行中のアプリを休止状態にすることですぐにメモリを解放できるようにします。

アプリのメイン画面で [アプリ] タイルをタップして、次のデータを表示します。

  • 概要グラフ:タイルを選択して、アプリまたはアプリ データを管理します。
    1. インストール済み:デバイスの実行に必要ではないインストール済みアプリです。インストール済みアプリは削除できます。
    2. システム:デバイスの実行に必要なアプリです。システムアプリは休止状態にできますが、デバイスから削除することはできません。
    3. アプリデータ:デバイスに保存されているアプリ データを表示および削除します。
    4. ストレージ:デバイスにインストールされているアプリごとに使用状況とストレージ データを個別に表示します。
  • 浪費するアプリ:データとバッテリーを消耗している可能性のあるアプリを特定します。カテゴリを選択して、個々のアプリを表示および管理します。アプリは次のカテゴリに分類されます。
    • データ:大量のモバイル データを使用するアプリを表示します。
    • ストレージ:デバイスで最も領域を占有しているアプリを表示します。
    • バッテリー:バッテリーを消耗しているアプリを表示します。
  • 使用率:使用頻度に基づいてアプリを表示します。使用頻度が最も低い使用頻度が最も高い使用されていないアプリを表示できます。カテゴリを選択した後、さらに画面上部のタブを使用して期間を指定できます(過去 7 日間で最も使用されていないアプリなど)。
  • 実行中:現在バックグラウンドで実行中のアプリの数を表示します。[クイック ブースト] をタップすると、アクティブなアプリがすぐに休止状態になり、メモリが解放されます。
  • 占有量が増加しています:このパネルをタップすると、デバイス上で以前よりも多くの領域を占有しているアプリが表示されます。アプリはサイズ順に表示されます。
  • 通知:このパネルをタップすると、通知のあるアプリのリストが表示されます。アプリは過去 7 日間に送信された通知数順に表示されます。
 

インストールされているアプリを管理するには、次の手順を実行します。

  1. 上記のカテゴリ(占有量が増加していますなど)をタップします。
  2. 1 つ以上のアプリを選択し、右下隅にある アイコン(3 つのドット)をタップします。
  3. 希望するオプションを選択します。
    • デバイスから削除:選択したアプリをアンインストールします。
    • 休止させる:バックグラウンドで実行中の選択したアプリをすぐに停止し、メモリを解放します。
  4. 戻る矢印をタップして、アプリの概要画面に戻ります。

デバイス最適化のヒントを確認する

ヒント機能はデバイスを分析し、さまざまな領域節約のヒントを表示します。最も関連性のある領域節約のヒントが最初に表示されるように、分析設定をカスタマイズできます。

  1. アプリのメイン画面から [ヒント] をタップします。
  2. この機能を初めて使用する場合は、[カスタマイズ] をタップして分析設定をカスタマイズします。または、[スキップ] をタップしてデフォルト設定を使用し、すぐに領域節約のヒントを表示します。分析設定は、アプリの設定からいつでもカスタマイズできます。
  3. [分析の設定] 画面で、カテゴリの横にある [] アイコン(3 本の線)をタップしたまま、カテゴリを上下にドラッグします。リストの一番上のカテゴリの優先度が最も高く、一番下のカテゴリの優先度が最も低くなっています。
  4. 選択した分析設定を構成したら、戻る矢印をタップして、カスタマイズした領域節約のヒントを表示します。
  5. 左にスワイプして次のヒントを表示します。ヒント番号の横の(3 つのドット)をタップし、[ヒントをカスタマイズ] をタップして [分析設定] 画面を開くか、関連するヒントを表示させない場合は [このヒントの表示回数を減らす] をタップします。

クラウド転送を管理する

「クラウド」とは、写真や動画、ドキュメントなどのメディアやファイルを保持できる仮想ストレージ領域を指します。アバスト クリーンアップを使用すると、デバイスから接続されているクラウド ストレージ アカウントにアイテムを簡単に移動できます。

クラウド ストレージ アカウントには、[クラウドサービス] 画面から接続できます。この画面には、次のいずれかの方法を使用してアクセスできます。

  1. アバスト クリーンアップを開き、[ メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [クラウドサービス] の順に移動します。
  2. アバスト クリーンアップがどのクラウド ストレージ アカウントとも接続していないときに、デバイス上のファイルやメディアを管理する場合に表示される [クラウドに接続] オプションをタップします。
 

クラウド サービス画面からクラウド ストレージ アカウントに接続するには、次の手順に従います。

  1. 選択したクラウド サービス(DropboxまたはGoogle Drive)の横にある [接続] をタップします。
  2. 希望するアカウントを選択し、[OK] をタップします。ダイアログが表示されたら、ログイン認証情報を入力します。
  3. アカウントが接続済みのクラウド サービスの下に表示されます。アカウントからサインアウトするには、アカウントの横にある [] アイコン(3 つのドット)をタップし、[サインアウト] を選択します。

複数の Google ドライブ アカウントと 1 つの Dropbox アカウントに同時に接続できます。複数のアカウントに同時に接続している場合は、クラウド ストレージにデータを転送しようとするたびに、アカウントを選択するよう求められます。

自動クリーニングを設定する(アバスト クリーンアップ プロのみ)

自動クリーニング機能(アバスト クリーンアップの有料版で利用可能)を使用すると、デバイスの自動クリーニングをスケジュールできます。

  1. アプリのメイン画面で [クイック クリーン] をタップします。
  2. [自動クリーニング] をタップしてから、オフのスライダーをタップしてオンにすると、この機能が有効になります。
  3. アバスト クリーンアップがスキャンを実行する頻度と、クリーニングする最小領域を設定します。[クリーニングが完了したら通知] の横にあるスライダーをタップして、各クリーニングに関する通知を受け取るかどうかを指定することもできます。
  4. [自動的にクリーニング] で、自動クリーニング中に削除するファイルの種類を選択します。[サムネイル] を除くすべてのファイルの種類がデフォルトで選択されています。

自動クリーニングは、毎回アクティベートしなくても、指定した回数だけ実行されます。

アバスト クリーンアップ設定を行う

アバスト クリーンアップ設定にアクセスするには、次の手順に従ってください。

  1. アプリのインターフェースの左上隅にある [ メニュー] アイコン(3 本の線)をタップします。
  2. [設定] をタップします。
  3. カテゴリをタップして、関連する設定を管理します。
    • 分析の設定:カテゴリの横にある [] アイコン(3 本の線)をタップしたまま、カテゴリを上下にドラッグします。リストの一番上のカテゴリの優先度が最も高く、一番下のカテゴリの優先度が最も低くなっています。ヒント機能を使用するときは、優先度の高いカテゴリが最初に表示されます。
    • 写真の最適化:画像の最適化をカスタマイズするオプションが含まれています。この機能を使用するには、アバスト クリーンアップの有料版が必要です。
    • 広告を非表示にする:このオプションは、無料版のアバスト クリーンアップでのみ表示されます。サブスクリプション オプションを選択し、画面の指示に従って購入を完了します。すでに有料サブスクリプションを購入している場合は、(3 つのドット)▸ [クーポン コードを入力] の順にタップして、有効なアクティベーション コードを入力します。
    • 通知:アバスト クリーンアップが通知する問題を指定します。有効な通知タイプは オンにマークされます。
    • リアルタイム検出アプリ残留ファイルの検出を有効にします。これにより、アバスト クリーンアップは、アプリをアンインストールしたときに残ったファイル、フォルダー、アプリ データを検出できます。
    • 申込み:アバスト モバイル サブスクリプションに関するアクティベーション コードおよび詳細情報を表示します。別のデバイスでアクティベーション コードを使用する場合は、現在のサブスクリプションをリンクを解除にすることもできます。このオプションは、有料版のアバスト クリーンアップでのみ表示されます。
    • クラウドサービス:クラウド ストレージ プロバイダー(Google ドライブまたは Dropbox)の横にある [接続] をタップして、アカウントに接続するか、新しいアカウントを作成します。スライダーをタップして、クラウド転送に適用する設定を有効または無効にします。クラウド ストレージ アカウントからサインアウトするには、アカウントの横にある [] アイコン(3 つのドット)をタップし、[サインアウト] を選択します。
    • 個人のプライバシー:分析のために匿名データを第三者と共有するオプションを有効または無効にします。
    • アプリケーションについて:デバイスにインストールされているアバスト クリーンアップのバージョンを確認するか、使用許諾条項を確認します。
  • アバスト クリーンアップ 4.x Android 版
  • Google Android 5.0(Lollipop、API 21)以降

この記事は役に立ちましたか?

はい いいえ

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ