アバスト アンチウイルス スキャンの設定調整

アバスト アンチウイルスには PC をマルウェアから保護するために様々な手動アンチウイルス スキャンが含まれています。一部のアンチウイルス スキャンには、カスタマイズが可能な設定もありますが、設定を変更するのはカスタム スキャンに限定することをお勧めします。

スキャン設定を調整するには、アバスト ユーザーインターフェースを開き、[プロテクション] ▸ [アンチウイルス] の順に進んで、該当するスキャン タイルにある歯車アイコンをクリックします。

選択可能な各設定についての詳細は、以下のセクションを参照してください。

アンチウイルス スキャンの設定の詳細については、該当する画面の右上隅にある ? の記号をクリックして製品内ヘルプにアクセスしてください。

ブートタイムスキャンには様々な設定オプションがあります。ブートタイムスキャンについての詳細は、次の記事をお読みください。

スキャン

[スキャン] タブには以下の設定があります。

スキャン名

スキャンに名前と説明を付けます。カスタム スキャンを作成している場合、この情報は関連するスキャンのタイルに表示されるため、簡単に識別できます。

スキャン領域

ドロップダウン メニューを使用し、スキャンで分析するデータ領域を選択します。次のいずれかの領域を選択してスキャンできます。

  • ストレージ ドライブとリムーバブル メディア: このセクションのオプションは、ハードディスクや USB スティックなどの物理デバイスに保存されているデータに適用されます。
  • 自動実行プログラムおよびメモリ上にあるモジュール: このセクションのオプションは、システムのスタートアップ後に起動される、またはバックグラウンドで実行されるアプリケーションとプロセスに適用されます。
  • 対話による選択: このオプションでは、スキャンを実行するたびに、PC 上の場所を指定するよう求められます。

ファイルの種類

[全てのファイルをスキャン] (最も低速) を選択することにより、定義した領域内にあるすべてのファイルを分析するようにスキャンを設定できます。または、以下のいずれかのオプションを選択し、マルウェアに対して脆弱なファイルのみを分析するようにスキャンを設定します。

  • 内容 ( 徹底しているが遅い ): ファイルの内容に従って各ファイルの形式を判定し、マルウェアに対して脆弱であると特定されたファイルをスキャンします。このオプションは、ファイルの内容がファイル名の拡張子の種類とは異なっている場合に便利です。
  • 拡張子名 ( 速い ): .exe.com.bat などのリスクの高い種類の拡張子がファイル名に含まれているファイルのみをスキャンで分析します。または、[追加] をクリックし、スキャンで分析する拡張子の種類を指定することができます。その場合は、指定した拡張子の種類のみがスキャンされます。

感度

ヒューリスティック

ヒューリスティックでは、悪質な意図を持っている恐れのあるコマンドのコードを分析することにより、アバストが未知のマルウェアを検出できます。

オレンジ色のバーを使用して、ヒューリスティック感度の希望するレベルを指定します。新しいカスタム スキャンのデフォルトの設定は [ノーマル] です (3 本)。感度を高くすると、アバストがマルウェアを検出する確率が高まりますが、誤検出 (誤ってファイルをマルウェアとして識別する) の可能性も高くなります。

以下の詳細設定も利用可能です。

  • コードエミュレーションを使用する: ファイルが PC に損害を及ぼすことができないエミュレートされた環境で、不審なマルウェアを解凍してテストします。このオプションは、新しいカスタム スキャンではデフォルトでチェックが付いています。
  • ファイル全体をテストする ( 大きなファイルではとても遅くなります ): 一般に悪意のあるコードにより影響を受ける部分だけでなく、ファイル全体をスキャンして分析することができます。このオプションにチェックを付けると、スキャンは低速になりますが、より徹底したスキャンが行われます。
  • 不必要な可能性のあるプログラム (PUP) をスキャン: 他のプログラムと共に密かにダウンロードされ、不要な処理を実行するプログラムをスキャンして見つけることができます。
  • スキャンする時にリンクをたどる: 潜在的に有害な内容の有無についてスキャンされているファイルが使用する他のファイルを、アバストがスキャンできます。このオプションは、新しいカスタム スキャンではデフォルトでチェックが付いています。

圧縮形式

スキャン中にアバストが解凍する圧縮ファイルの種類、例えば .zip.rar などのファイルを指定します。

新しいカスタム スキャンの場合はデフォルトで [自己解凍アーカイブ]、[ドロッパー] および [NTFS ストリーム] にチェックが付いています。他のアーカイブの種類は解凍されない限り PC に害を及ぼすことはできないため、スキャンする必要はありません。[全ての圧縮形式] にチェックを付けると、スキャンですべてのアーカイブ ファイルが分析され、スキャンにかかる時間が大幅に長くなります。

処理

デフォルトで、アバストはスキャンの最後に不審なファイルについて報告するため、ユーザーはそれぞれの対処法を選択できます。または、脅威が検出された場合にスキャン中に自動的に適用する処理を指定できます。

利用可能なオプションを表示するには、[スキャン中に処理を自動的に適用する ( このボックスにチェックを入れて処理を選択して下さい )] にチェックを付けます。タブを使用してファイルの種類 ([ウイルス]、[不必要な可能性のあるプログラム]、または [怪しいファイル]) を選択し、ドロップダウン メニューを使用して処理を選択します。

  • 自動的に処理する: ファイルの修復を試みます。修復に失敗した場合、ファイルはウイルスチェストに移されます。両方の処理に失敗した場合、ファイルは削除されます。
  • チェストに移動: ファイルがシステムに害を及ぼすことができないウイルスチェストにファイルを移動します。
  • 修復: ファイルが部分的に感染している場合は、悪意のあるコードを削除します。コード全体がマルウェアである場合、この処理は実行不可能です。
  • 削除: ファイルを PC から恒久的に削除します。
  • 何もしない: ファイルの内容または場所を変更しません (自動処理としては推奨されません)。

処理を選択すると、追加のドロップダウン メニューが表示されます。ドロップダウン メニューを使用して、最初の処理が失敗した場合の代替処理を設定できます。

オプション

アーカイブ内で脅威が検出された場合に適用する規則を指定します。

  • 必要ならば次にシステムを再起動した時に選択した処理を実行する(新しいカスタム スキャンのデフォルトのオプション): 次回 PC を再起動するときに処理が適用されます (その処理が再起動を必要とする場合)。
  • 圧縮ファイルから中のファイルだけを削除し、これに失敗すれば、何もしない(新しいカスタム スキャンのデフォルトのオプション): 含まれているファイルやプログラムの削除を試みますが、アーカイブ全体は削除しません。
  • 中のファイルだけを削除し、これに失敗する場、圧縮ファイルを削除する: アーカイブに含まれているファイルまたはプログラムを削除できない場合、アーカイブ全体を削除します。
  • 常に圧縮ファイル全体を削除する: アーカイブ全体を削除します。

パフォーマンス

[パフォーマンス] では以下の設定が利用可能です。

  • スキャンの優先順位:: オレンジ色のバーを使用して、システムで他のアプリケーションが実行されている場合のスキャンの重要度を指定します。
  • 永続的なキャッシュを使用してスキャンを速くする: 以前スキャンしたファイルから保持されている情報をスキャンで参照可能にします。
  • 永続的なキャッシュにスキャンしたファイルの情報を保存する: スキャンしたファイルの情報をシステムの永続的メモリーに保存し、将来このデータを参照してスキャンを高速で実行できるようにします。
  • ディスク上の順序通りにファイルを読み込み、スキャンを高速化する: ファイル システムでファイルが構成されている順にスキャンする (低速) のではなく、ディスクに物理データが保存されている順にファイルをスキャンして (高速)、スキャンで保存されたデータの位置特定にかかる時間を短縮します。

レポート ファイル

トラブルシューティングを行う目的で、アバストのサポート担当者がレポート ファイルの提供を求める場合があります。レポート ファイルを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [ログファイルを作成する] の横にあるボックスにチェックを付け、レポート ファイルの名前と形式 (プレーン テキスト ANSI、プレーン テキスト Unicode、または XML) を選択します。
  2. [ファイルが存在したら] の横にあるドロップダウン メニューを使用して、以下のオプションのいずれかを指定します。
    • 追加する: 前回のレポートの最後に新しい結果を追加します。
    • 上書きする: 前回のレポートを新しい結果で置き換えます。
  3. チェックボックスを使用して、レポートの内容を定義します。
    • 感染していた項目: スキャンされた環境でマルウェアを含んでいると特定されたファイルと領域です。このオプションはデフォルトでチェックが付いています。
    • ハードなエラー: さらに調査が必要な予期しないエラーです。このオプションはデフォルトでチェックが付いています。
    • ソフトなエラー: ファイルが使用中のためスキャンできないなどのマイナーなエラーです。
    • OK な項目: クリーンであると特定されたファイルと領域です。このオプションをオンにすると、レポートが非常に長くなります。
    • スキップした項目: スキャン設定により、スキャンでチェックされなかったファイルと領域です。
  4. [OK] をクリックします。

レポート ファイルは、次のいずれかの場所に保存されます。

  • Windows 10Windows 8.1Windows 8Windows 7Windows Vista: C:\ProgramData\Avast Software\Avast\report
  • Windows XP: C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Avast Software\Avast\report

スキャンからの除外

除外を作成することにより、スキャンで無視するファイルまたはフォルダを指定できます。

除外を追加するには、その場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックし、該当するフォルダにチェックを付けて、[OK] をクリックします。別の場所をリストに追加するには、[追加] をクリックします。場所を削除するには、関連する行をクリックして [削除] をクリックします。

ファイルとフォルダの場所には、ワイルドカード文字 ?* を含めることができます。アスタリスクは、0 または複数の文字に置き換えられ、クエスチョン マークは単一の文字に置き換えられます。例:

  • すべての HTML ファイルを除外するには、テキスト ボックスに *.htm* と入力します。
  • フォルダとそのサブフォルダを除外するには、フォルダ名の末尾に \* を追加します (例: C:\example\*)。
  • ハードドライブ上で特定のラベルが付いたすべてのファイルを除外するには、パスの先頭に ?:\ を付けます (例: ?:\example.exe)。

スケジュール作成

スキャンのスケジュールを作成し、都合の良い時間に開始できます。スキャンのスケジュールを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. 左側のパネルで [スケジュール] タブを選択し、[このスキャンをスケジュールする] にチェックを付けます。
  2. スキャンを 1 回のみ (1 回) 実行するか、定期的に (毎日、毎週、または毎月) 実行するかを指定します。
  3. 次のオプションで任意の選択項目を管理します。
    • バッテリーで動いている時はスキャンを開始しない: チェックを付けると、PC が電源に接続されていない場合はスケジュール設定が無視されます。
    • バッテリー モードになったらスキャンを一時停止する: チェックを付けると、PC がスキャン中に電源から切り離された場合はスキャンを一時停止します。
    • スキャン終了後にシステムをシャットダウンします: チェックを付けると、スキャン後に PC の電源が自動的にオフになります。
  4. スキャンを実行する時間を 24 時間形式で設定します (午後 3 時ではなく 15:00 を使用)。
  5. スキャンを実行する日を指定します。
  6. [OK] をクリックします。
  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ