アバスト アンチウイルス での スキャンからの特定のファイルまたはウェブサイトの除外

通常はお勧めしませんが、スキャンを高速化したり誤検出を避けたりするために、特定のファイルまたはウェブサイトをスキャンから除外する必要が生じる場合があります。除外を設定するには、下記のセクションで説明されている手順に従ってください。

すべてのスキャンとシールドからの除外を作成する

グローバルな除外とは、ファイル、アプリケーション、およびウェブ コンテンツのアクティビティをリアルタイムで分析するすべてのスキャンとコンポーネント シールドからファイルやウェブサイトを除外することを指します。

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[設定] ▸ [一般] の順に進みます。下にスクロールして [スキャンからの除外] をクリックし、このセクションを展開します。
  2. 適切なタブを選択して、除外対象とする処理を指定します。テキスト ボックスをクリックして詳細を表示します。
    • [ファイルのパス]: ファイルまたはフォルダの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックして、関連フォルダにチェックを付けます。
    • [URL]: ウェブサイトのアドレスを入力します。
    • [CyberCapture]: ファイルの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックしてファイル (.exe) を選択します。
    • [強化モード]: ファイルの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックしてファイル (.exe) を選択します。
    [OK] をクリックして確認します。

手動スキャンからの除外を作成する

手動スキャンとは、ユーザーが管理してスケジュールを作成することが可能なスキャンです (例: フルスキャンクイック スキャン...)。手動スキャンからの除外を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [プロテクション] ▸ [アンチウイルス] の順に進みます。
  2. 除外を設定するスキャンの設定に進みます。
    • [フルスキャン]: [フルスキャンを実行] タイルで設定 (歯車アイコン)をクリックします。
    • 他の種類のスキャン: 除外を設定するスキャン タイルで [その他のスキャン] をクリックし、設定 (歯車アイコン) をクリックします。
  3. [スキャンからの除外] を選択し、ファイルまたはフォルダの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックして、該当するフォルダにチェックを付けます。次に、[OK] をクリックして確認します。

ファイルとフォルダの場所には、ワイルドカード文字 ?* を含めることができます。アスタリスクは、0 または複数の文字に置き換えられ、クエスチョン マークは単一の文字に置き換えられます。例:

  • すべての HTML ファイルを除外するには、テキスト ボックスに *.htm* と入力します。
  • フォルダとそのサブフォルダを除外するには、フォルダ名の末尾に \* を追加します (例: C:\example\*)。
  • ハードドライブ上で特定のラベルが付いたすべてのファイルを除外するには、パスの先頭に ?:\ を付けます (例: ?:\example.exe)。

ファイルシステムシールドからの除外を作成する

ファイルシステムシールドはファイルを開いたりプログラムを実行したりすることが許可される前に、安全であるかどうかすべてのファイルやプログラムを継続的にスキャンします。ファイルシステムシールドからの除外を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [] に進みますSettingsComponentsFile System ShieldCustomize.
  2. [スキャンからの除外] を選択し、ファイルまたはフォルダの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックして、該当するフォルダにチェックを付けます。次に、[OK] をクリックして確認します。

ファイルとフォルダの場所には、ワイルドカード文字 ?* を含めることができます。アスタリスクは、0 または複数の文字に置き換えられ、クエスチョン マークは単一の文字に置き換えられます。例:

  • すべての HTML ファイルを除外するには、テキスト ボックスに *.htm* と入力します。
  • フォルダとそのサブフォルダを除外するには、フォルダ名の末尾に \* を追加します (例: C:\example\*)。
  • ハードドライブ上で特定のラベルが付いたすべてのファイルを除外するには、パスの先頭に ?:\ を付けます (例: ?:\example.exe)。

挙動監視シールドからの除外を作成する

挙動監視シールドは、PC にインストールされているプログラムに悪質なコードの存在を示す不審な挙動がないか、継続的に監視します。挙動監視シールドからの除外を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [設定] ▸ [コンポーネント] ▸ [挙動監視シールド] ▸ [カスタマイズ] の順に進みます。
  2. [スキャンからの除外] を選択し、ファイルまたはフォルダの場所をテキスト ボックスに手動で入力するか、[参照...] をクリックして、該当するファイルまたはフォルダにチェックを付けます。次に、[OK] をクリックして確認します。

ウェブシールドからの除外を作成する

ウェブ シールドは、ウェブの閲覧中に PC を脅威から継続的に保護します。ウェブシールドからの除外を作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. [設定] ▸ [コンポーネント] ▸ [ウェブ シールド] ▸ [カスタマイズ] の順に進みます。
  2. [スキャンからの除外] を選択し、ウェブサイト のアドレス、MIME タイプの拡張子、またはプロセスの場所をテキスト ボックスに手動で入力します。プロセスの場所を確認するには、[参照...] をクリックし、ファイル (.exe) を選択してから、[OK] をクリックして確認します。

URL、拡張子、ファイルの場所にはワイルドカード文字 ? および * を含めることができます。アスタリスクは、0 または複数の文字に置き換えられ、クエスチョン マークは単一の文字に置き換えられます。例:

  • 特定のウェブサイトのすべてのサブドメインとドメインをブロックするには、ウェブサイト ドメインの先頭に *. を、末尾に /* を追加します (例: *.example.com/*)。
  • すべての HTML ファイル タイプを除外するには、テキスト ボックスに「*.htm*」と入力します。
  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ