アバスト アンチウイルスが Java が旧式だと表示し続ける場合のトラブルシューティング

アバスト アンチウイルスソフトウェア アップデータJava 6 または Java 7 ソフトウェアが旧式であり、コンピュータがリスクにさらされていると表示します。アバスト内でアップデートを実行しようとすると、次のページにリダイレクトされます:

この問題は旧式の Java 6 または Java 7 ソフトウェアが原因です。OracleJava 6 のサポートを 2013 年 2 月 に終了し、Java 7 のサポートを 2016 年 2 月に終了したため、これらの代わりに Java の最新バージョンをインストールすることを強くお勧めします。

Java の新バージョンをインストールした場合、インストーラは旧式の Java 6 または Java 7 を自動的には削除しません。Avast Antivirusソフトウェア アップデータ は、旧バージョンが削除されるか、サポートされている最後のバージョンにアップデートされるまで、製品が旧式だと通知し続けます。

説明書

この手順に従うことを強くお勧めします

  1. 旧式の Java 6 または Java 7 をアンインストールします。

    詳細については、Oracle ウェブサイトの次のページにアクセスしてください:
  2. Java の最新バージョンをインストールします。

    詳細については、Oracle ウェブサイトの次のページにアクセスしてください:
一部のプログラムは、動作するために Java 6 (または 7) を必要としており、Java 6 (または 7) が削除されると動作が変わる可能性があることにご注意ください。

この方法はお勧めしません。

旧式の Java 6 または Java 7 を使い続ける必要があり、アップデートをお勧めしますというアラートを表示したくない場合は、アバスト アンチウイルスソフトウェア アップデータJava 6 のアップデートを無視するように自己責任にて設定できます:

  1. アバスト ユーザーインターフェースを開き、[保護] ▸ [ソフトウェア アップデータ] の順に進みます。
  2. Java Runtime Environment 6 (または 7) のパネルで下向きの矢印をクリックし、パネルを展開します。
  3. [アップデートを無視] をクリックします。

アバスト アンチウイルスソフトウェア アップデータ は、旧式の Java 6 または Java 7 ソフトウェアのためにコンピュータがリスクに対して脆弱になっているという警告を表示しなくなります。

  • アバスト アルティメット 17.x
  • アバスト プレミア 17.x
  • アバスト インターネット セキュリティ 17.x
  • アバスト プロアンチウイルス 17.x
  • アバスト無料アンチウイルス 17.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows Vista Home Basic / Home Premium / Business / Enterprise / Ultimate - Service Pack 2、32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows XP Home / Professional / Media Center Edition - Service Pack 3、32 ビット

追加のサポートが必要ですか?

お問い合わせ